「小説」 一覧

no image

小説

【夢野久作・ネタ】表紙

2020/08/31  

概要 昔の夢野久作の小説は表紙と内容が一致しない。ドグラ・マグラにいたっては謎の女性が表紙を飾っている。誰だよこいつ? 他にも犬神博士でもいたりと全然関係ないのに描かれている。 まあ、そうでもしないと ...

no image

小説

【夢野久作】ドグラ・マグラ

2020/08/31  

概要 ドグラ・マグラとは夢野久作が書いた小説。1935年1月、松拍館書店にて発売された。 日本探偵小説三大奇書の1つに入るほど個性的な小説とされる。 タイトル「ドグラ・マグラ」の意味はキリシタンバテレ ...

no image

小説

【村山槐多】悪魔の舌

2020/08/31  

概要 「悪魔の舌」とは村山槐多の小説。 あらすじ 5月始めの晴れた夜。11時頃に金子鋭吉から九段坂の三〇一へ来るよう電報が入る。金子は外で会うものの自宅へは絶対に入らさない。それどころか詳細を知らない ...

no image

小説

【岡本綺堂】影を踏まれた女

2020/08/31  

概要 「影を踏まれた女」とは岡本綺堂の小説。1926年(大正15年)の綺堂読物集三巻に収録。 あらすじ 「影や道陸神、十三夜のぼた餅」 影踏みをしながら子どもたちのわらべうた歌っていた。 Y君が作者と ...

no image

小説

【葉山嘉樹】死屍を食う男

2020/08/31  

概要 「死屍を食う男」とは葉山嘉樹が書いた小説。新青年1927年4月号に収録されていた。 あらすじ 舞台はとある村に存在する県立中学校。深谷、安岡は同じ部屋にいた卒業期の5年生。 二人は相性が悪く深谷 ...

no image

小説

【オーバーロード・ネタ】魔導国の寿命

2020/08/03  

概要 デミウルゴスが建設した魔導国。どこまで長く持つのかは未知数。ただ、狂信者集団だから長く持ちそうに思えない。 アインズがいなくなった後はアインズの意思をどう解釈するかでもめて国が別れてもおかしくな ...

no image

小説

【オーバーロード・ネタ】NPCたちの実年齢

2020/08/03  

概要 NPCたちの実年齢について思うことがある。考察してNPCたちの年齢は想定して1~3歳とする。4歳がいるのか謎。 よって巨体やら成長した体を見て思う。年齢と体が合致していない。まあ、NPCとして活 ...

no image

小説

【オーバーロード・考察】無能な働き者

2020/08/03  

概要 デミウルゴスの行動は上司に相談せず勝手な行動ばかり取る。自分は良かれと思ってやっているがその行動はまさに「無能な働き者」である。 アインズを喜ばせたいことしか考えておらずそれ以外はない。有能だか ...

no image

小説

【オーバーロード・用語】嫉妬する者たちのマスク(嫉妬マスク)

2020/08/03  

概要 嫉妬する者たちのマスク(嫉妬マスク)とは赤い仮面。怒っているように見える。 クリスマスイヴの19時~22時の間において2時間以上ユグドラシルに滞在するともらえる。効果はない。 アインズは骸骨の顔 ...

no image

小説

【オーバーロード】大陸征服5年の問題点

2020/08/03  

概要 アインズなしの場合、デミウルゴスがメンバーを率いて5年で大陸征服は可能らしい。 ただし、代償として「ナザリックが半壊、層によっては壊れる」とされておりとても無理がありすぎると思われる。 仮に起こ ...

no image

小説

【スレイヤーズ】伝説のラノベアニメ

2020/04/22  

概要 ラノベアニメの中でOVA、映画、テレビの話数の数が尋常ではないほど多いのはスレイヤーズだけだ。ハルヒ、化物語とは別問題。 これはスレイヤーズがメディアミックス戦略(OVA、ゲーム、映画、TV)と ...

no image

井原西鶴

【井原西鶴】俤の似せ男

2020/04/18  

概要 「俤の似せ男(おもかげのにせおとこ)」とは井原西鶴の懐硯に収録されている。 あらすじ 日向の国の橘村。大百姓の榎森与大夫がいた。与大夫は山に芝刈りへ行ったが行方不明となる。妻は探しに行くも見つか ...

no image

井原西鶴

【井原西鶴】鼠の文づかい

2020/04/18  

概要 「鼠の文づかい」とは井原西鶴の世間胸算用に収録されている。*あらすじ家族一緒に菩提寺に住む人々。しかし、小うるさい婆さんがいて周りから悩みの種とされる。 ネズミのことでうるさくなりネズミ使いの藤 ...

no image

井原西鶴

【井原西鶴】茶の十徳も一度に皆

2020/04/18  

概要 「茶の十徳も一度に皆」とは井原西鶴の日本永大蔵に収録されている。 あらすじ 越前の国、敦賀の港。小橋の利助という男が港で働いていた。結婚せず40歳まで行こうと思っている。 葉茶店の亭主だが性格は ...

no image

井原西鶴

【井原西鶴】礼る神の折敷

2020/04/18  

概要 「礼る神の折敷」とは井原西鶴の日本永大蔵に収録されている。 あらすじ 京の清水にて。呉服を取り扱う桔梗屋では貧乏神をまつっていた。七草の日に貧乏神をまつると夜、貧乏神が夢の中であらわれた。春に貧 ...

no image

井原西鶴

【井原西鶴】世界の借家大将

2020/04/18  

概要 「世界の借家大将」とは井原西鶴の日本永大蔵に収録されている。 あらすじ 京の烏丸通り三十八貫目にある家を持つ藤市。家持ちで情報屋として活躍したりする。利息がたまって家持ちとなったが、千貫目では京 ...

no image

井原西鶴

【井原西鶴】申し合わせし事も空しき刀

2020/04/18  

概要 「申し合わせし事も空しき刀」とは井原西鶴の武家義理物語に収録されている。 あらすじ 丹後の国の市崎猪六郎。50歳で家中だが未婚、大酒のみ、ケチ、嘘を言ったりする。 下人を酷使したりと人望皆無。 ...

no image

井原西鶴

【井原西鶴】思いもよらぬ首途の聟入り

2020/04/18  

概要 「思いもよらぬ首途の聟入り(おもいもよらぬかどでのむこいり)」とは井原西鶴の武家義理物語に収録されている。 あらすじ ある藩主に仕える4人の娘を持つ隼人と3人の息子を持つ外記(げき)は仲が良かっ ...

no image

井原西鶴

【井原西鶴】発明は瓢箪より出る

2020/04/18  

概要 「発明は瓢箪より出る」とは井原西鶴の武家義理物語に収録されている。 あらすじ 江戸詰の西国大名の家中である竹嶋、滝津。参州岡崎に泊まったが、竹嶋が滝津の逃げ傷を指摘し滝津は腹を立てる。伏見の浜で ...

no image

井原西鶴

【井原西鶴】死なば同じ浪枕とや

2020/04/18  

概要 「死なば同じ浪枕とや」とは井原西鶴の武家義理物語に収録されている。毒親の話で胸糞な話である。 あらすじ 節州伊丹の城主荒木村重に仕える神崎式部。真面目だが融通がきかない。ある時、荒木の二男を蝦夷 ...

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.