「芥川龍之介」 一覧

no image

芥川龍之介

【芥川龍之介】仙人

2020/04/14  

概要 「仙人」とは芥川龍之介の作品。1916年8月に掲載された。上中下に分かれる。 あらすじ 上 5匹のネズミを使って商売する李小二(りしょうじ)がいた。子供には人気だったが歳も来て天気は風雪と最悪で ...

no image

芥川龍之介

【芥川龍之介】おぎん

2020/04/14  

概要 「おぎん」とは芥川龍之介の作品。1922年9月にて中央公論に掲載された。 あらすじ 元和、寛永より遠い昔。浦上の山里村におぎんと言う少女が住んでいた。両親は大阪から長崎へ流浪しここにたどり着いた ...

no image

芥川龍之介

【芥川龍之介】魚河岸

2020/04/14  

概要 「魚河岸(うおがし)」とは芥川龍之介の作品。1922年8月の婦人公論にて掲載された。 あらすじ 去年の春の夜。風が寒い夜の9時であった魚河岸。安吉、新人俳人として名をはせている露紫(ろさい)、洋 ...

no image

芥川龍之介

【芥川龍之介】トロツコ

2020/04/14  

概要 「トロツコ」とは芥川龍之介の作品。1922年3月の大観に掲載された。 あらすじ 小田原熱海間に軽便鉄道施設の浩二が始まった。8歳の良平が見ものしていた。3人がトロッコを押しても動かない。 良平は ...

no image

芥川龍之介

【芥川龍之介】報恩記

2020/04/14  

概要 「報恩記」とは芥川龍之介の作品。1922年4月の中央公論に掲載された。全3話。 あらすじ 1話「阿媽港甚内の話」 阿媽港甚内(あまかわいじんない)という伴天連出身の40年間も盗人をしていた男。だ ...

no image

芥川龍之介

【芥川龍之介】神神の微笑

2020/04/14  

概要 「神神の微笑」とは芥川龍之介の作品。1922年1月に新小説で掲載された。 あらすじ ある春の夕べである。パアドレ・オルガンティノ(Padre Organtino)は南蛮寺にいた。寺にある植物に魅 ...

no image

芥川龍之介

【芥川龍之介】藪の中

2020/04/14  

概要 「藪の中」とは芥川龍之介の作品。1922年1月に「新潮」に掲載された。全7話。物語は検非違使が人々に話しを聞いて行く変わった形式をっている。 あらすじ 1話「検非違使に問われたる木こりの物語」 ...

no image

芥川龍之介

【芥川龍之介】アグニの神

2020/04/14  

概要 「アグニの神」とは芥川龍之介の作品。1921年1~2月にかけて赤い鳥で掲載されていた。全6話。 あらすじ 1話 上海にある町。家の二階でインド人の老婆とアメリカ人の商人が占いをしていた。アメリカ ...

no image

芥川龍之介

【芥川龍之介】杜子春

2020/04/14  

概要 「杜子春(とししゅん)」とは芥川龍之介の作品。1920年にて赤い鳥の7月号へ掲載された。全6話で構成されている。オチが「魔術」に近い。 あらすじ 1話 春、唐の洛陽の西の門にて貧乏な若者「杜子春 ...

no image

芥川龍之介

【芥川龍之介】南京の基督

2020/04/14  

概要 「南京の基督」とは芥川龍之介の作品。1920年7月に中央公論で掲載された。基督とはキリストのことである。谷崎潤一郎氏作「秦淮の一夜(本当は「秦准の夜」)」からとってきているらしい。 全3話。 あ ...

no image

芥川龍之介

【芥川龍之介】秋

2020/04/14  

概要 「秋」とは芥川龍之介の作品。1920年4月の中央公論にて掲載された。全4話。 あらすじ 1話 才媛と言われる信子はかつて俊吉と仲が良く結婚すると周りの女子に嫉妬されながら見られていた。しかし、信 ...

no image

芥川龍之介

【芥川龍之介】舞踏会

2020/04/14  

概要 「舞踏会」とは芥川龍之介の作品。1920年1月の「新潮」にて掲載された あらすじ 明治19年11月3日の夜。17歳の令嬢である明子は父と一緒に舞踏会が開かれるフランスの海軍将校や華族を集めた鹿鳴 ...

no image

芥川龍之介

【芥川龍之介】蜜柑

2020/04/14  

概要 「蜜柑」とは芥川龍之介の作品。1919年5月の新潮にて掲載された。 あらすじ 横須賀発の二等客車に乗る田舎者嫌いで酷く曲がった性格を持つ主人公。誰もおらず檻に入った一匹の小犬に見送られたるかと思 ...

no image

芥川龍之介

【芥川龍之介】魔術

2020/04/14  

概要 「魔術」とは芥川龍之介の作品。1920年1月の赤い鳥にて掲載された作品。 あらすじ 主人公は大森界隈の険しい坂道を雪インド人マティラム・ミスラの洋館へ行く。ミスラはカルタッタ生まれでインド独立を ...

no image

芥川龍之介

【芥川龍之介】犬と笛

2020/04/14  

概要 「犬と笛」とは芥川龍之介の作品。1919年1~2月にかけて赤い鳥に掲載された。6つの話に分かれる。 あらすじ 1話 大和国の葛城山に髪長彦という若い木こりがすんでいた。ある日、大木の根で笛を吹い ...

no image

芥川龍之介

【芥川龍之介】きりしとほろ上人伝

2020/04/14  

概要 「きしりとほろ上人伝」とは芥川龍之介の作品。1919年3、5月に新小説で掲載された。 あらすじ 「しりあ」に「れぷろぽす」という山男がいた。心優しく度びに害を与えず誰からも憎まれなかった。そんな ...

no image

芥川龍之介

【芥川龍之介】奉教人の死

2020/04/14  

概要 「奉教人の死」とは芥川龍之介の作品。1918年の三田文学にて掲載された。舞台は安土桃山時代の長崎。 あらすじ キリスト教が禁止された安土桃山時代における長崎。「るおれんぞ」、「えけれしや」はキリ ...

no image

芥川龍之介

【芥川龍之介】枯野抄

2020/04/14  

概要 「枯野抄」とは芥川龍之介の作品。1918年10月の新小説に掲載された。 あらすじ 元禄7年10月12日の午後。御堂前南久太郎町にある花屋仁左衛門の裏座敷では51歳となった松尾芭蕉が門下生たちに囲 ...

no image

芥川龍之介

【芥川龍之介】蜘蛛の糸

2020/04/14  

概要 「蜘蛛の糸」とは芥川龍之介の作品。1918年の赤い鳥にて掲載された。 あらすじ 極楽にいる釈迦が池から地獄を見た。血の池地獄に死んだカエルのように生きる気力をなくしたカンダタ(?陀多)がいた。 ...

no image

芥川龍之介

【芥川龍之介】運

2020/04/14  

概要 「運」とは芥川龍之介の作品。1917年1月の「文学世界」で掲載された作品。「今昔物語」にある巻十六「貧女清水観音値盗人夫語第三十三」がモデル。 あらすじ 人が多い清水の仕事場にて陶器師の翁と陶器 ...

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.