漫画

【ダイの大冒険】冥竜王ヴェルザー

投稿日:

概要

ヴェルザーとはダイの大冒険に登場する魔界に住む龍。最後の知恵のある竜。

欲が深く地上と魔界を征服する野望を持っており、ピロロから人間みたいと言われる。冥竜と言われた時にドラゴン統一のため雷竜ボリクスと戦い勝利し冥竜王と名乗る。

この戦いにおける両者の力が均衡し、壮絶な物だったため「真龍の戦い」と言われる。

協定

バーンとは神々を憎んでおり停戦協定において「どちらかが神になった場合、そちらに従う」を条件に結ぶ。

この時に監視兼殺し屋のキル・バーンを渡す。バーンは地上消滅をして魔界に太陽を送ろうとしていたため、考えが違う。

活躍

バランとの戦い

バランとの戦いで一族と共に戦った。バランは勝利するが、瀕死の重傷を負う。それも、奇跡の泉に到達できないほど。

バランを殺す計画で黒の核晶を使い殺害を試みたが、勢力圏が減ってしまい一度しか使わなかった。

ヴェルザー対バランとの戦いで地上ではハドラーが暴れまわっていた。これはアバンが制したが、ラーハルト曰く「ハドラーは黙殺されても仕方がないほどの小物」。

その後

不死身の魂であり復活を試みたが、精霊たちに妨害され石像となり魔界の奥地に幽閉される。

バーンに祝辞を送る際は石像のままで登場。

どういう戦いをするのかわからないが、ドラゴンの状態か、それともバーン同様に別の形態でバランと戦ったのか不明。


-漫画

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.