ビッグX

【ビッグX】ビッグX

投稿日:

概要

ビッグXとは朝雲博士、エンゲル博士が作ろうとした薬品。設計図はカードに書かれている。花丸博士が設計図をもとに作った。

薬品を飲む、注射で撃ちこむと巨大化し強靭な肉体を得る。量によって大きさが変わる(強靭な体は変わりなし)。

しかし、制限時間がある。ナチス同盟の首領は毒薬と思っていた。

花丸先生は一時的にサイボーグとなり宇宙活動も可能な道具と見出だした。

シャープペン型の注射

「ビッグX誕生」ではこれが注射代わりになる。

シャープペンの目盛り1で針が出て、2で大きさは変わらないが強靭な肉体を得る、3で3倍の大きさ、4で10倍の大きさ、5で4以上の巨大な体を得る。

身長以外の効力

「クロス党」に登場したアッケラ博士は山犬を除いてビッグXに動物を打ったが一部分だけ大きくなる生物が続出(ウサギは下半身、鼠は顔と尻尾、カエルは左足、豚は鼻)。

弱点

「大ネズミ」でチューリップの球根がビッグXを入れられたさい急成長していったが、耐火はなかった。「貨車から出たもの」に登場した巨大蟹も耐火はなかった。

「ビッグX誕生」ではビッグXを飲んだ昭でも毒は効いたり、「貨車から出たもの」では毒ガスが効いたりと毒なら何でも効く。

ミクロXを飲むと相殺される。

補足

「大ネズミ」で朝雲研究所が燃えたさいに設計図は焼失。

ビッグXの服は「ビッグX誕生」以降はビッグXを摂取して服が破れないようゴム製になっており防弾性。

ビッグXを飲んだ昭と互角に渡り合える敵は存在し、「ガレア共和国の危機」の牛型ロボット、「ミクロX」のゴーストの部下。

ミクロX

「ミクロX」で昭が作った小さくなる薬。効力はビッグXよりも長い。



-ビッグX

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.