ダブルキャスト

【ダブルキャスト】赤坂美月

投稿日:

概要

赤坂美月とはダブルキャストの登場人物。声は平松晶子。

記憶喪失だが名前を覚えているぐらい。他のメンバーと違い大学生ではない。

性格は明るくボーイッシュ。一人称「ボク」。

酔い潰された主人公を介抱し主人公の家へ住む。「かこひめの寝屋」の主演女優に抜擢される。

一時、遥の命令で主人公から離れて暮らすことになったが、謎の嫌がらせが起きて戻ることになった。

不穏

二村が「赤坂美月」の墓を発見し取り乱す。

遥の別荘にて誰かに見られていると言って椅子をガラスに叩きつけたりした。

佐久間と主人公が廃病院で取引を行う場所でなぜか倒れた状態でいた。

正体

正体は「美月の妹“赤坂志穂”」。美月は死亡している。

志穂は姉の死により解離性同一性障害を患い多重人格になる。そして、「美月を名乗る仮の人格」と「姉の生き写しと言える人格」の2つがあらわれた。

本物について

本物の赤坂美月について記す。志穂の姉。

外見は志穂と違い地味。左利き。

両親が事故で亡くなり祖父母に預けられて育った。彼氏を作るも騙され金を盗られ男性不信に陥る。

志穂が佐久間と付き合っているのを見て強制で別れさせた。

苦しみの最中、自殺を選び浴槽の中で自殺した。

これが志穂の解離性同一性障害を起こさせた。

恐るべき力

狂気Endで垣間見る美月の力。剛田より細いはずの美月が剛田を圧倒し刺し殺す。

体も頑丈になっているのか、炎の中からあらわれたりと化け物。

これは志穂の人格ではないため体のリミッターが外れたと推測される。

活躍

BadEnd

17個あるBadEndの中で主人公を11回も殺している。

BadEnd14、15(15は主人公とともに)は美月が死ぬEndになっている。

NormalEnd2、3

二村とつきあっている。しかし、撮影が始まるとなぜか撮影を降りると言い始めた。

主人公と話し合い美月は「知らない場所でスクリーンの自分を見られるのイヤ」と言い復帰できないことを話す。主人公は説得し顔合わせ無くても心が痛くなると話し立ち直らせた。

その後、撮影を再開した。

GoodEnd

大学の屋上から飛び降りたことによって4つに別れる。

1「ダブルキャスト」.全ての記憶を取り戻し志穂本来の人格があらわれる。

2「志穂」.志穂本来の人格が出るも美月との記憶を失う。

3「美月」.主人公と会う前の記憶を失い仮の美月が出現する。

4「とわられた心」.姉の人格が支配し入院生活を余儀なくされた(部屋で暴れ看護婦3人に取り押さえられたりした)。GoodというよりBad。

-ダブルキャスト

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.