ガラージュ

【ガラージュ】機械

投稿日:

概要

機械とはガラージュに登場する機械生物。雄、雌が存在しそれぞれ役割を持つ。

順応度と呼ばれる体の構成を持ち順応度が無くなると壊れる(補給する場合は順応堂に行く)。

順応度が低くなると「オトヌケ(音が聞こえなくなる)→ウデヌケ(腕が取れる)→機能停止」となる。

燃費もあり下がると動かなくなる。

主人公の右に表示されている赤と青はそれぞれ「順応度(赤)」、「燃費(青)」である。

性別の特徴

雄機械 - 出力、原動機がが大きく釣りや移動も優れている。頭は燃料タンク、腹はエアタンクで構成されている。出力軸を持っている。

雌機械 - 蟹や蛙を食べて腹に白瓦斯を生成され雄機械の出力軸で使い給油する。生成された残り滓は汚水となり流される。出力が小さく移動に向いていない。

順応度を上げる方法

順応液

治郎兵衛が売っている商品。

雌機械が生成する汚水から一部を凝縮して誕生したもの。

実験工房で作られた製品。

蟹味噌

天然物で貴重なもの。

木馬

順応度を上げる装置で乗る。乗るため木馬と呼ばれる。

燃費をあげるもの

フロッグオイル

蛙の油。

雌の機械たち

燃費をあげてくれる。

白瓦斯

燃費のガス。方法として雌機械(個体数は少ない)が蟹、蛙を体内で分解させて醸造される。

正体

機械たちの正体は「精神の修理工場ガラージュの被験者たち」。

カゲは機械たちにとってガラージュにおける被験者の証。カゲよりも機械が強くなると「現実における死」を意味している。

-ガラージュ

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.