日本神話

【美味しんぼ】「死ね! 死んで償え!」←息子に対して

投稿日:

概要

「命と器」であった海原雄山が山岡士郎が子供の時に古備前の皿を壊した時だ。

雄山は山岡に説教するもおかしい。

自分の息子に「死んで償え!」と言った。

全文

雄山「この大馬鹿もの!

 この皿は古備前の名品だぞ!

 それを割ってしまいおって!

 この皿一枚ほどの価値のないおまえが!

 死ね!死んで償え!」

感想

そう、雄山の価値は「人間国宝が作った皿>>>>>>>>>>>>>>>>>(越えられない壁)>>>>>>>>>>>>>>>>>>息子、妻」だろう。

皿一枚ほどの価値のないとかどんだけ見下げはてた発想だよ。\n人間としてどうかしているし、親にしたくない人間だ。いくらなんでも酷い。\

まあ、成長した山岡もたいがいだが。

-日本神話

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.