ダークキングダム

【ダークキングダム】ゼーレン派

投稿日:

「魔界の闘士」ゼーレン・ツォーネ

四公爵の1人。

魔王軍において最下級である「闘士」の名を異名として取り扱っている。かなり気に入っており人前でよく言う。

ウルと仲がいい。ブランを信用しておりブランが死んだときは心がいたんだ。

ビルラクシャへブランを送った。

べーザーが魔王になった後は攻めてきたジェンへ戦いを挑み敗北(戦う前にべーザーに従っていることについて嫌だったらしい)。

ブラン・ホーネット

ゼーレンの部下。三等位。かつては「雷撃のブラン」と呼ばれた。

ギルから無能と見られており実際にそうなった。

アプサラス攻略中にデグの伝令で来たジェンから早く落とすよう言われジェンへティポスにいる部下へ兵を集めるよう頼んだ。

超聖獣サー討伐のために向かう。ジェンたちより先に行きジェンが共同で戦うよう頼まれたが断ろうとしたが後ろからサーの雷撃を受け死亡(その死に様を見たギルは「ピエロだな」と言った)。

-ダークキングダム

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.