ダークキングダム

【ダークキングダム】勇者ルクスと仲間たち

投稿日:

概要

勇者ルクスと仲間たちとはダークキングダムに登場する勇者パーティ。

ルーンディンクにてあらわれ魔王軍に脅威を与える。

ルクス曰く勇者に選ばれたのは神に選ばれたから。

特徴

全員子供。

何より全員が死んでも「所持金を半分にして復活する」という謎の特殊能力を持っている。

そのため、死んでも生き返ってくるためほぼ不死身。

メンバー

勇者ルクス

少年。

正義感に燃えるが負けず嫌いでジェンに負けたことを根に持っていた。

後にジェンを戦友と見る。

戦士ボルト

少年。空気。

魔術師ワット

少年。メロウについで頭がキレる。

僧侶メロウ

女の子。

メンバーの中では参謀に位置する。

活躍

魔王フリード時代

ルーンディンクにあらわれ魔王軍へ戦い勝利していく。

ケーサの街にある神像(攻撃する意思を見せたためジェンたちに壊された)へ戦勝祈願するため目指していた所、ジェンたちと会い戦うことを避けたため次にあったら戦うことをメロウが言った。

ラーの谷にてヘルハウンド討伐後、フリードの勅命を受け勇者討伐に来たジェンたちと戦い敗北(ジェンが一度敗北すると覚醒し再度戦う)。

復活しルーレムの洞窟にある勇者の石版を手に入れようと4つの宝珠を取りに行くが、ジェンたちが3つの宝珠を取り入り口を開けた(ジェンたちの宝珠の取り方はかなり悪どいが)。

ルクスは再戦しようとしたがレインからお互いに目的は戦いではないため共闘を提案されメロウとワットが承諾し休戦する。探索の最中、ジェンとルクスが落ちて2人で上にいる仲間たちの下へ向かった(最中、レッドドラゴンがいて倒した)。

トーデスを見つけ魔王軍に戦っている理由を聞こうとしたが聞き入れなかったが、ルクスはトーデスが「300年前の黄金戦士」と思い倒そうとしたが返り討ちに合う。

魔王ベーザー時代

ヘルターナの洞窟を開放し魔王城へ乗り込むためジェンに会おうとした。ジェンに話すとジェンはベーザーを討つためすぐ承諾した。

ジェンの提案で魔王城の2つの入口(城の正面、民家の地下)のどちらかに分かれて攻めるとしてルクスは正面を選んだ。

仲間たちが道中の敵を倒すため1人ベーザーの下へ向かった。ジェンと合流しベーザーを倒す。

トーデスとの戦いは見届けることしかできず。

トーデスが死亡し暴走したジェンの力は魔王城を飲み込み魔王城を消滅させた。

戦後

勇者たちはイルラントの人々から祝福を受けたが、ルクスは内心でジェンの方が「自身より祝福を受けるはず」と思っていた。

戦死録

1回目:ジェンに殺される

2回目:トーデスに殺される

-ダークキングダム

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.