ダークハーフ

【ダークハーフ】ローダ

投稿日:

概要

ローダとはダークハーフの世界で「英雄神」と呼ばれる存在。

神話では聖騎士たちを率いてルキュを封印したとされる。

ローダの隠れ里を作ったとされ里にいた者は夢にてローダと会うことがあるらしい。

正体

ルキュが「最初に創造した人間」。

1000年前、ルキュが人間を滅ぼそうとした時、人間は1000年もあれば変われるとしてルキュがローダへ腕輪を託し自らを封印した。

しかし、腕輪を欲したバムによって腕輪を取られローダは次元の裂け目へ封印され時間の経過で「木と一体化した体になった」。

力を使いファルコを復活させ導いた。

活躍

ルキュ復活の余波で死亡したファルコを復活させルキュを止めるため導きファルコへ鏡を渡す。

ファルコたちが次元の狭間にあらわれすべてを話し鏡を使い世界の中心へ案内する。

ルキュから人間(主にバム)によって苦しめられまだ信じるのかと質問され「人の胸に宿るその願いを信じる」と答えた。

ファルコの持つ光を見てほしいとしてルキュへ行かせた。

-ダークハーフ

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.