ダークハーフ

【ダークハーフ】魔士ヴェルギル、魔人ディヴィズゥ、魔妖アーヴァ

投稿日:

概要

魔士ヴェルギル、魔人ディヴィズゥ、魔妖アーヴァとはダークハーフに登場するルキュの配下たち。

主に聖騎士、ローダ、腕輪の探索をしている。

人間を見下しており人間の町を「巣」というほど。

仲間意識は強く失った時の動揺はすさまじい(ルキュもしかり)。死亡した場合は服だけ残し服の周辺に死ぬ前の記憶があり情報として使う。

アーヴァ、ヴェルギル死亡でルキュはディヴィズゥに勝手な行動を取らないよう城に待機させた(ディヴィズゥの反応から察するにファルコへ復讐に行こうとする素振りがあった)。

魔士ヴェルギル

大きな鎌を持った男。

アーヴァ死亡でルキュからファルコたちを追うよう命令された。が、「攻撃するな」とは命令されておらず復讐に燃えていた。

アーヴァを殺したファルコへの復讐をたぎらせスケルトンを連れてシャマルの洞窟の出口にあらわれ戦い死亡(降臨節第4目)。

魔人ディヴィズゥ

情報提供をしている。

ロウバム城が解放されたことを機会に自身の役目は終えたとしてルキュに吸収された。

魔妖アーヴァ

魔女の姿をしている。

モンデオ村にてドラゴニュートを連れてエノットを捕らえようとしたが、ファルコたちと戦い死亡(降臨節3日)。

アーヴァの死によりルキュたちがファルコを警戒する。

-ダークハーフ

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.