Nepheshel

【Nepheshel】魔神

投稿日:

概要

魔神とはNepheshelに登場する種族。丸い壺に入っており、魔神の外見は様々。

不死身の存在で死ぬことはまずない。基本は人の願いによって誕生する。

契約できる魔神は複数可能だが、呼び出せるのは1体に限られる(調停のオーブを持つと複数の魔神を呼び出すことが可能)。

魔神が持つ黒い鋼鉄の壺。丸く四方向に色のついた石がはめ込まれている(ファル:青、ティラ:赤、ディーヴァ:紫、イリス:緑)。

魔神にとって壺は自分の家のようなもので魔神にとって壺以外の部屋は必要ない。

ブースト

特定の魔神が持つ力。ブーストにより姿を変えて強力な力を得る。代償としてMPが減っていく。

そのため、よっぽどのことがない限り使わない。

持っている者はファルドゥン、ティララ、ディーヴァ、漆黒の迷宮3体の魔神。

ファルドゥン、ティララ、ディーヴァはブーストした自分を別の者と見ている。ただ、漆黒の迷宮3体の魔神は自分の本気の姿と見ており受け止め方が違う。

魔神の誕生

人の願い

基本。

ティララは「病に苦しむ者が掘り当てた」、イリスは「娘を失った冒険者が願った」、アドーナは「ファルドゥンの病気の父を救いたい」、カーミラは「黒き神チェルノボーグが存在する」から来ている。結果、誕生した。

ディーヴァ、ノルン三姉妹もここから来ている。

継承

アドーナがファルドゥンへ継承する形で壺を渡す。

守護者

漆黒の迷宮にいる三体の守護者たち。ブースト使いだが通常の魔神との違いは「デミウルゴスを守るために作られた」。

そのため通常の魔神と作られた経緯が違う。

不死の条件

一般的に魔神は死なないとされるが死ぬ場合はある。

1.魔神が「壺と一緒」でなければ不死が発動せず魔神だったものは死ぬ。強き者に魔神がいるもののすべて壺がない。

2.女神の剣「ヴェルダディール」の修復。魔神1体の犠牲で修復しなければならない。ただし、複数の魔神がいれば犠牲にならずすむ。

アドーナは不死について「壺の呪縛」と言っており呪いとされる。

-Nepheshel

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.