ジョジョの奇妙な冒険

【ジョジョの奇妙な冒険】アヌビス神

投稿日:

概要

アヌビス神とはジョジョの奇妙な冒険第3部に登場するスタンドにしてエジプト九栄神の1体。

アヌビス神をかたどっている。

声は長嶝高士(ゲーム版)、松本保典(TVアニメ版)。

経歴

500年前の刀鍛冶が使っていたものの死去し刀「キャラバン・サライ」に宿る。

DIOに拾われる前は博物館に展示され以降はDIOに忠誠を誓いジョースター一行を襲う。

本体

500年前の刀鍛冶だったが死去しており現在は刀「キャラバン・サライ」に宿っている。

アヌビス神

アヌビスの姿をしたスタンドにしてアヌビス神の意思。

能力

刀の能力は「刀に触れた者をアヌビス神の意思に支配される」。

斬撃そのものは「物理(物質、服、生物だろうと)を透過して斬りつける」。

何より恐ろしいのは「相手の癖、攻撃を覚え強くなる」。

重ねてアヌビス神に支配される能力は「スタンド使いならアヌビス神によってスタンドも支配される」。これにより強くなる力を合わせて厄介。

刃だけの状態でも相手を洗脳することは可能。

欠点

アヌビス神本体が普通の刀で刀自体は動くことができない。しかも水に入ると錆びてしまう。

操られた人々

牛飼い青年チャカ

床屋のカーン

ジャン・ピエール・ポルナレフ

子供

活躍

チャカの意思を乗っ取りその場にいた人間を斬殺。

ポルナレフに襲いかかり透過攻撃をあびせるもポルナレフのシルバーチャリオッツが放つ剣身に撃たれチャカが死亡しポルナレフにアヌビス神が渡った。

床屋にてカーンがアヌビス神を気になり抜いた瞬間、意思を支配しポルナレフへ襲い先の戦いの動きを読み切り圧倒。承太郎の乱入で戦い真剣白刃取りで刀を折られ敗北。

刀を納められたが、警察とポルナレフがもみ合いになりポルナレフが刀を抜き取り承太郎へ襲いかかる。

承太郎を圧倒するも腹に刺さった剣が拳で破壊される。子供が折れた刃を拾い投げつけるもイギーが邪魔してそれてしまい牛に刺さり牛が暴れ洗脳が間に合わずナイル川へ落ちて再起不能。

余談

意思を持つスタンドを取り扱うトリッシュ、康一に使ったらどうなるのか謎。

-ジョジョの奇妙な冒険

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.