神撃のバハムート

【神撃のバハムート】ケリドウェン

投稿日:

概要

ケリドウェンとは神撃のバハムートに登場する聖なる森の魔女。赤い目を持つ。

声優は原紗友里。

「神秘の聖森と災厄の王女(2013)」、「黄金都市の王女~孤独な少女と森の魔女~(2015)」に登場する(2年も間がある)。

性格は冷酷で人間を素材としか見ていない。嘘が言えず真実しか言えない。

聖なる森の力と連動しており虫たちも同調し操っている。

タリエ

ケリドウェンとよく似た緑目の人物。

父親から魔女の娘になれと追い出され聖なる森にいた。非常にネガティブで不幸と思っている。

倒れていたところをリテュエルから神秘の水をかけられ生き返った。

時折、挙動不審なことが起きるも……。

制作物

リノセウス

ケリドウェンが作った人間並みのサイズを持つ巨大なカブトムシ。

ケリドウェンの支配下に置かれるがそうでもなく意思があるため意志力があればはねのけることは可能。

アレンはリノセウスに殺害され魂を繋げられ疑似餌として使われた。また、リテュエルを1度殺害している。

正体

正体は「多重人格者」。

元々の人格はタリエで暴力が多かった父親の下を追い出され魔女に拾われ育てられた(魔女の下でも暴力は振るわれた)。

魔女がタリエへタリエの人格を封じ込めるために作った薬「賢くなる薬」を飲ませた結果、誕生したのが「聖なる森の魔女ケリドウェン」。

ケリドウェンはタリエを見下しており馬鹿と見ていた。また、人間不信である。

リノセウスに1度殺害され蘇生されことによってタリエの人格が浮上しケリドウェンとともにいる。

活躍

神秘の聖森と災厄の王女

エンディングでしか登場しない。

神秘の水を求めてきたアレンをリノセウスで殺害しアレンの魂を用いたリノセウスを作成。

疑似餌として記憶封じたアレンを使い強い人間を求めた。神秘の水を探しに来たリテュエル、騎士を狙いリノセウスを放つもアレンが記憶を取り戻し自身を媒介にしたリノセウスを斬れと言いリノセウスが斬られアレンは消滅。

強い人間を探そうとしたがリノセウスに殺されたと思われたが……。

黄金都市の王女~孤独な少女と森の魔女~

リテュエルが持っていた神秘の水を飲み蘇生されるとタリエの人格が浮上した。

タリエとケリドウェンの人格が争い始め挙動不審を見せた。タリエが隠れ家に「タリエの人格を消す薬がある」とケリドウェンに伝え森の奥へと向かった。

薬を飲もうとしたが実際は「魂を消す薬」でありタリエが自殺するための魔法薬だった。タリエが飲もうとしたがアレンの意思を引き継いだリノセウスにより止められ生きることを促された。

タリエとケリドウェンは「寂しかったこと」を気づく。ケリドウェンは今の状態では騎士に勝てないと見て目くらましを使い撤退(騎士とリテュエルの前で「記憶を消す魔法と言っていたがリテュエルが記憶を覚えていたので違う」)。

-神撃のバハムート

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.