ルドラの秘宝

【ルドラの秘宝】ルドラ

投稿日:

概要

ルドラとはルドラの秘宝に登場する生命体。4000年ごとにあらわれ繁栄していた種族を壊滅させる。

ハウゼンを除くルドラは役目を終えたルドラはラゴウ石に封印される。

10種類あるルドラの秘宝をジェイドと呼ぶ。

ルドラの創造主はゴモラ(人間のルドラであるハウゼンを除く)。

予言者オプシスはルドラからの破壊を守るためジェイドを持つ者へ霊木を通してメッセージを残す。

一覧

ダナン神族のルドラ

ジグムンド氷山にいたが、名前は不明。

唯一破壊することを好まなかった(ラミレスは滅ぼす種族がいなかったと考えた)。

ハウゼンへ非協力的でサーレントと会わせることを避けさせるほど。

サーレントがおとずれルドラについての情報を聞かれたが、他の種族のラゴウ石を持ってきたら話すとして持ってこさせた。

シオンの章ではラミレスを通してアイスソードの居場所を教えた。

ラズム

爬虫類族のルドラ。

凶暴で言葉遣いがたどたどしい。

ルドラの中でも異常でありあり方は“魔物そのもの”。かつて海を汚染した。

サーレントの章にてラゴウ石に封印されていたが日食で復活しサーレントを倒す。エレミアの洋館にてハウゼンから呼び出されサーレントへ戦うも敗北。

アビリシャ

巨人族のルドラ。

巨人の塔のラゴウ石にて封印されていた。

プライドが非常に高く人間を見下している。

人間族がジェイドを奪ったと恨んでいるが、実際は「巨人族のスルト人がジェイドが奪いジェイドの影響で暴れ人間を襲うも、ジェイドが人間族のシオンを選んだ」。そのため、奪われたと言うよりも「人間が選ばれたことへの憎悪」から来ている。

サーレントの章にてラゴウ石の欠片を求めに来て怒りを任せて戦うも敗北。歴史を話し欠片を渡した。

カダル

水棲族のルドラ。

海底神殿にてラゴウ石へ封印されている。

海底神殿に来たサーレントへ去るよう言うも聞かず戦う。敗北しラゴウ石の欠片を持っていかせた。

ハウゼン

人間族のルドラ。

詳細は大いなる者を参照。

次期ルドラ

ゴモラが作ろうとしていた新たなルドラ。

サーレントの章でサーレントが敗北するとサーレントが次期ルドラとなる。

-ルドラの秘宝

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.