BLEACH

【BLEACH】狂枷蟋蟀(グリジャル・グリージョ)

投稿日:

概要

狂枷蟋蟀(グリジャル・グリージョ)とはBLEACHに登場する東仙要の帰刃。

解号は「清虫百式(すずむしひゃくしき)」。

斬魄刀の外見は「清虫と同じ」。

外見

黒い毛に覆われたハエ。巨体で六本の脚。

仮面を被っており目が緑色。

能力

再生能力、虚閃、高速を使うのはもちろんのこと何より「東仙の視力が回復している」。

これにより目に見えた戦い方が可能となる。これが仇となった……。

九相輪殺(ロス・ヌウェベ・アスペクトス)

音波で攻撃する。清虫と違いこちらは攻撃性能が強く黒縄天譴明王を圧倒。

ラ・ミラーダ

2つの虚閃を作り一つにまとめて放つ。

欠点

視力が回復したものの東仙が持っていた「細かく気配を察知する能力を失う」。そのため、本来なら絶対に回避するはずの修兵の攻撃を受けた。

余談

帰刃を持っているため完全に死神ではなく虚だろう(仮面の軍勢は死神の隊長、副隊長が多く全員仮面を使うも虚化していない)。

また、この斬魄刀はある意味で「正真正銘の東仙の“斬魄刀”」だろう(清虫は友人の物)。

-BLEACH

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.