進撃の巨人

【進撃の巨人】おそらく2年前の地獄を見てきた者たちだ。面構えが違う

更新日:

概要

「おそらく2年前の地獄を見てきた者たちだ。面構えが違う」とは進撃の巨人の15話「個々」にて教官たちが言った言葉。

これは教官キースの通過儀礼(キースにボコられる)を受けなかったライナー、ベルトルト、ミカサ、エレン、ユミルの5人について解説された。

このシーンについて

よく見るとライナー、ベルトルトは「仕掛けた側」であり読み返すと2年前どころ問題ではない。

ユミルにいたっては巨人化薬を打たれたため放浪した時期は長い。

そのため、この3人について何とも言えない感がある。

ネタシーン

このシーンはネタ化し何らかの炎上がでてきたらこのコマが使われたりした。

このシーンを使ったコラが作られたりした。

-進撃の巨人

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.