名言・迷言

【迷言】自分の金で買った好きな洋服をdisられている!

投稿日:

概要

「自分の金で買った好きな洋服をdisられている!」とはアニメ版ポプテピピック第13話朱雀verAパートの花澤香菜ポプ子が言った花澤香菜の魂の叫び。

状況はランボーの終盤のパロディで白虎、玄武、青龍、朱雀Bパートの声優たちはランボーになぞったセリフを言っている。

対して朱雀verAパートは花澤香菜さんの魂の叫びとなっており意味がぜんぜん違う。

Aパートで花澤さんに合わせた戸松遥もすごいが……。

全文

戸松ピピ美「入るぞ、ポプ子。大丈夫だ、私一人だ。

武器も持っていない。ポプ子、終わりだ。もう逃げることはできない、狙撃手が狙っている。

見ろ、この騒動を。ここはベトナムじゃない、アメリカだ。

戦争は終わったんだ!」

花澤ポプ子「なにも終わっちゃいない! なにも終わっちゃいないんだ!!

アタイにとって戦争は続いたままなんだ!

自分の金で買った好きな洋服をdisられている! SNS上ではクソダサいだのみんな好き放題に言いやがる! あいつら、なんなんだ!!

何も知らないくせに!!」

戸松ピピ美「服のセンスが悪かったんだ」

花澤ポプ子「悪かった!? 私の時代はいつ来るんだ!!

少なくともファッション誌には載っていた服だぞ!?」

戸松ピピ美「自称ファッションリーダーがこんなところで死ぬのか?」

花澤ポプ子「アタイ…、アニメであらゆるかわいいキャラをやらせてもらった。だが、イベントに出ると大喜利ばっかりやらされる!

帰ってくるんじゃなかったぁ…!!

ちやほやされたかった、みんなみたいに…。

だけど、もう引き返せないとこまで来ちまったんだ!! あたしゃバラエティ声優だよぉ…!!

毎日夢を見るんだ…。川柳大喜利がすべった時の夢を…」

-名言・迷言

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.