青の天外

【青の天外】赤き目の一族

投稿日:

概要

赤き目の一族とは青の一族が寿命を見かねて創造した代替え生物。いわば人工生物。

別名「赤き一族」。

赤い1つ目で肌は緑。

創造された目的は「青の一族を宇宙に返す」、「人々を導く」の2つ。はずだった……。

問題点

問題点は「人間性無視の効率性重視」。目的のためなら殺人を問わず相手をとことん利用する。

青の一族から「人々を導け」と言われたが、「殺してでも実行しろ」と言われていない。そのため、青の一族から「裏切り」とされている。

歴史

青の一族が「青の一族を宇宙に返す」、「人々を導く」2つの目的を成し遂げる代替え生物として創造。

しかし、「青の一族を宇宙に返す」ことを重視しもう1つの目的「人々を導く」を無視して虐殺を始めダークオーブを製作。

マ界の空間が作られたことを察知した青の一族は過ちを正すため赤き目の一族抹殺を決定。

キンモン島、シャンハイに存在していたパワージェネレーター「カツゲン塔」を除くカツゲン塔がすべて爆発され戦いは終了。生き残りの多くはバーラント僧となり徹底して治された。

ただし、メディックスのみ虎視眈々と時期を待って復讐することを見ていた。

製作物

カツゲン塔 - 8つ存在していたカツゲン塔。現在は2つ存在し使用されていのはシャンハイのみ。

マ界城 - かつて使われた空中要塞。

テツジン - 最終兵器として用意された巨大人型兵器。

該当者

バーラトの僧 - 赤き目の一族の生き残りが存在するらしい。

メディックス - 青の一族及び青の一族によって作られた世界を滅ぼそうとしている。

-青の天外

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.