青の天外

【青の天外】種族

投稿日:

人間族

もっとも人口が多い種族。

トルク人

ネズミの顔をした獣人。アル口調で喋る。

技術者として優秀で青の城建造に関わっていた。

興味をもつことが多いものの逆にモラルは低く勝手に持ち出す癖があった。

トカゲ人

ニライに住むトカゲの姿をした生物。

青の一族ともっとも繋がりが濃く青の城があらわれた際には青の城を起動させた者を探すよう伝えている。

また、カナイの扉の管理もしている。

鬼の一族

角の生えた一族。天鬼山にひっそりと暮らしている。

「誰の力も借りない」ということを掲げている。

伝説の鬼の王「キバ王」が率いていた。リレイとともにクンミン村を守っていた。

かつては青の一族と親交があり「鬼のツノを渡された」。しかし、青の一族の導きを拒否し戦いとなり敗北。

ロクハラにて奴隷として連れて行かれたりと待遇は酷い。

ノンマルト

海底に住む魚人たち。鬼、トルク人と並んで古い種族とされる。

徹底的に戦争及び青の一族との関係を避けており海底にすぐさま逃げ出した。そのため、鬼の一族と違い差別を受けるどころか人間族の手からも逃れた。

トキ

トキとはカラホトを守る守護神として祀られている存在。

南の国ガラではガルダとして祀られている。

正体は「青の一族が赤き目の一族を倒すためホウライの力で複製した鳥人の生体兵器」。カラホトにてマ界城との戦いで全滅した。

-青の天外

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.