野球狂の詩

【野球狂の詩】東京日日スポーツ新聞

投稿日:


山井英司

登場:熱球白虎隊

記者。家は貧乏で屋台を開いてきりもみしていた。四人兄弟の長男で下に幸子、健治、民子がいる。

かつて白新高校に所属しエースとされていた。が、国立玉一郎が登場し下級の白虎隊に入れられた。

白虎隊を強くするために部員をととのえるため整理整頓をさせた。白虎隊の存続をかけて玉一郎と一対一で投げる球はストレートとした。打てたものの玉一郎の球は10球連続オーバーフェンスと強かった。

これがもとで山井の野球への情熱は終わった。阪神の指名で5位と小さい。

卒業は記者として働き玉一郎をはげますためにあったりする。

「はだしの王様」では追い出される記者団の中で隠れてメッツに入団したサバの一部始終を見た。ケニアに帰るサバを惜しんだ。後にサバが入院していた小池病院でサバが光化学スモッグにやられたと知る。

シゲ

水原編に登場した山井の部下。

-野球狂の詩

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.