このすば

【このすば】ダクネス

投稿日:

概要

ダクネスとはこの素晴らしい世界に祝福を!に登場する人物。

職業はクルセイダー。

クリスの友人でカズマとクリスの一件でカズマ達と関わりを持つ。冬牛夏草討伐でカズマたちの行動を気に入り仲間入りをする。

各種状態異常耐性、物理耐性、魔法耐性が占めている。無傷でモンスターを倒すことが嫌いで攻撃にはスキルポイントを振っていない。

高い防御性を誇りベルディア戦において斬られ冒険者たちの中、ただ一人ベルディアの斬撃が通じていなかった。

探索は不得意。

世界最大のダンジョンにて入手したクルセイダーでしか装備できない黒い鎧(装着者に勇気を与え恐怖を消す)を家宝にしようとした。しかし、魔物へ突っ込むことに躊躇がなくなった。

スキル

1.デコイ

2.囮

性格

普段は冷静で静か。理解力は高い。

が、ひとたび肉体、精神的ダメージを受けると喜ぶほどのドM。クルセイダーを選んだのはエリス教徒である他、これもからんでいる。

純粋なエリス教徒でありエリスを侮辱されうと怒る。

怒りが激しくなると「ぶっ殺してやる」と言い始める。

友人を大事にしており侮辱されると怒る。

正体

本名は「ダスティネス・フォード・ララティーナ」。ダスティネス家出身。

本名で呼ばれるのを拒んでいる。バルダーとの結婚に関してはすさまじいほどの拒否反応をしめし父親を殴るほど。

カズマたちに破談させるよう頼んだ。しかし、カズマは手のひら返しで父親側についた。ダクネスは暴れようとしてカズマと戦いになるも生粋のドMであったダクネスはカズマの攻撃を喜び悶絶し気を失い結婚は無しとなった。

バニルの不吉な予言を聞いて失踪する。実はアルダープの不当な修理代とマクウェルがダクネスの父にかけた呪いによってアルダープとの結婚を迫られた。

ダクネスは父を助けるため承諾する。

結婚式、当日にカズマたちに救出されアクアによって父にかけられた呪いが解呪され再び仲間に戻った。

-このすば

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.