野球狂の詩

【野球狂の詩】ゴリラ

投稿日:

概要

登場:「たそがれちゃってゴリ」

日本人親子に飼われていた動物のマウンテンゴリラ。あだ名は「ゴリ」。

「ウホウホ」と鳴く以外に「大感激」と喋る。飼い主の子供はゴリラの言っていることが理解し翻訳も可能。

日本に住んでいたが国籍不明扱い。

能力

実力は「そもそも動物が野球に来ることがおかしい」ほど高すぎる。

1.投手で活躍するとあまりにも豪速球でキャッチャーが後ろに倒れ手がヒリヒリする。

2.場外ホームランを出す(田淵曰く「ダブル場外ホームランの距離」)。

3.塁走は1秒で駆け巡る。

4.プロ野球選手として活躍すると大勢の人間が来た。

活躍

タイガースの入団テストに参加し田淵達選手に実力を見せつけた。日本プロ野球上層部は球団入りを考えるも賛否両論で意見決裂。動物学者の神永一郎を交えてゴリラがマウンテンゴリラと知り却下された。

が、マントル球団に入り大リーグで活躍。50周年となるマントル球団を優勝に導き三冠王、打率7割2分3厘、打点312、ホームラン120本。

日本に帰国するがあまりの忙しさで羽田空港で飛行機から降りた後、倒れた。

親子の故郷に戻り子供たちとともに野球をすることにして楽しんでいた。

そもそもなぜ作られた?

ゴリラが登場したのは本当に謎でいったい何なのかよくわからない。作者は「野球狂」と言われるほどの野球好きで何かあっただろうと思うがなにもわからん。

コラム「ぼくと野球」でゴリラが登場した理由があるかと思ったらまったく語っていない。と言うか「野球好きですか何か?」しか書かれていない。

-野球狂の詩

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.