日本史

【日本史】奇行が多い冷泉天皇

投稿日:

概要

歴代天皇の中でとりわけ奇行が多い天皇が冷泉天皇だ。在位期間は967年11月15日~969年2月27日と1年3ヵ月と短い。皇太子の時から精神が病んでいる。

なぜ、病んでいるのか原因がわからない。

奇行

1.子供のころ、父である村上天皇の返事に男のあそこを手紙に描いて送った。すべてはここから始まった。

2.足が傷ついても蹴鞠を一日中した。

3.清涼殿近くの番小屋の屋根で座る。

4.病気で寝込むも大声で歌を歌う。やめろこら。

5.御所が火事になったさい、牛車の中で大声で歌を歌った。退位後の話である。

と、あるが、実際はもっと多いはずだ。書いていないだけでもっとあるはずだ。

-日本史

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.