トランスフォーマー

【トランスフォーマー】声優無法地帯

投稿日:

概要

声優無法地帯とはトランスフォーマーのビーストウォーズ(主にリターンズ)にあるOP、本編、EDが暴走している意味だ。

3つあるから分けよう

無印

最初の方は暴走していなかった。しかし、段々と暴走していく。

メタルス

ついに暴走。しかし、リターンズ比べれば、まだまだだった。

リターンズ

OP、本編、EDがアドリブだらけ。真の無法地帯。本編は暗いけどこれで乗り切れた。

「イボンコぺったこん」、「コンボイ、面白いことを言え」とか。

もう、何から何まで暴走だよ。

ラジオ放送と比較して

声優のラジオ放送では、あまりのもカオスすぎて言われることもあるが、ビーストウォーズを見た後だとどうも主旨が違う感じがする。

なんというか、テレビ番組内でものすごい暴走するのが無法地帯で、ラジオ番組の場合はギャグって感じだ。

余談

なお、ビーストウォーズに出演した声優は後のアニメに登場して使ったネタもある。

「ガンダムだ00」12話でアリー・アル・サーシェス(藤原啓治さん。ダイノボット、メタルスダイノボット役)で、ビーストウォーズのクイックストライク(飛田展男 さん。他にテラザウラー)が使用した、「ところがぎっちょん!」を使用。

「デストロイオールヒューマンズ」に少佐(田中敦子さん。ボタニカ役)がクリプト137(山口勝平さん。ラットル役)で「リターンズ」であったラットルのネタや、ラットルとボタニカがラブラブだったネタを使う。


-トランスフォーマー

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.