鉄腕アトム

【鉄腕アトム】雑学集

投稿日:

1.お茶の水博士は敵に麻薬を投与されたことがある

出典:「黄色い馬」

2.ヒゲオヤジは廃人になったことがあり、その回で回復する。

出典:ZZZの総統

3.お茶の水博士は1度死ぬ。

出典:ゾロモンの宝石

4.天馬博士も1度死ぬ

出典:ミーバ

5.ロボットに「人間ではない」と言われた人間がいる

出典:ロボット爆弾

6.デッドクロス殿下が非凡すぎる。

出典:「デッドクロス殿下」

6-1.顔がイケメン

6-2.科学者。大統領になるほどのロボットと自作拷問器具を作る。

6-3.政治家で、大統領選出馬できる。顔を見る限り中年ではなく若い。

6-4.犯罪組織のボスで部下たちから守られるほど人望は高い。

7.アトムは雷が効かない。しかし、10万ボルト銃は効く。

8.偽アトムが何体か登場する。

9.天馬博士は飛雄死亡後、精神病にかかる。

出典:「アトム大使」

10.アトムの名付け親は天馬博士がアトムを売ったサーカス団がつけた

出典:「アトム大使」

11.アトムと戦った回数が多いのは「ホットドッグ兵団」で登場した44号の5回。4回はプルートウ、宇宙ヒョウのルーペ。

12.1回の話で戦った数(アトムを含めて)が多いのはプルートウの12回。

13.安保闘争時にアトムの明るいヒーローを「時代遅れ」と言われた。

出典:鉄腕アトム10巻(講談社)


14.青騎士で人気が低下したのは担当がアトムを敵に回すことを提案したことが原因。担当は人気が急落すると逃げたほどの卑怯者。

出典:鉄腕アトム10巻(講談社)

15.アトム今昔物語は矛盾している。まず、地球人に似た宇宙人が登場しない。お茶の水博士がアトムを引き取る経緯が違う。

16.コバルトは「ミドロが沼」で死ぬはずだった。あんまりであるため変更された。

17.アトムを壊したのは青騎士、「アトムの最後」の戦闘機たち、「アトム初恋」のロボット。

18.アトムを完全修復できるのは天馬博士だけ。それ以外が行うと暴走して爆発する。後のお茶の水博士も修理できた。

19.アストロボーイのエプシロンは女。

20.火の鳥には「アトム編」という構想があった。

21.スカンクに弱みを握られ犯罪を黙認した知事がいた。

出典:「悪魔の風船」

22.ジャングル大帝の主人公レオが登場した話がある。

出典:「宇宙放送」

23.ウラン誕生回がない

24.アトムの世界ではメモリが存在しない。これは時代の感覚が違う。メモリがあったら「第三の魔術師」、「ロビオとロビエット」は早く解決していた。

25.小二版アトムでお茶の水博士がノイローゼにかかる。

出典:おかしなアヒル

26.高度な文明を持ちながらロボットを知らない宇宙人がいる。

出典:宇宙放送

27.アトムがライバル視した相手はプルートウだけ。

出典:地上最大のロボット

28.ブラック・ジャック「お前が犯人だ!!」にアトムと似た少年が登場

29.小二版に天馬博士、コバルトは登場しない。ただし、フーラー博士、スカンクは登場する。

30.金三角は登場するたびに落ちぶれて行く。

出典:「十字架島」→「人工太陽」→「人面岩」

31.ロボット法は作中で詳しく明かされていない

32.アトム二世にブラックジャック、サファイアが登場する。

33.サンゴ礁の決戦、チータン、ジャングル魔境が未収録。

34.小一版アトムが封印されている。

35.ブラックジャックにカスミというウランによく似た子供が登場する。

出典:ブラックジャック「金! 金! 金!」

36.サイボーグ手術はされていない、重力による影響はあり得ないのにミーニャ中尉の腕力がおかしい。人以上の大きさがある2つのバケツ(水も入っている)を軽々と持ち上げている。

出典:イワンのバカ

37.絶対に自慢できない親たちを自慢していた四部垣たち3人(黒幕、公害企業の重役とか)が一番まともなやつ(人工衛星技術士)を「最低」と言った。

出典:人工衛星SOS


-鉄腕アトム

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.