鉄腕アトム

【鉄腕アトム・宇宙人】ベラロイド星人

投稿日:

概要

登場作品:ゾロモンの宝石

宝石のような形をした惑星に住む異星人。形は猫に近い顔をしている。体の大きさは地球人と変わらないが、顔が異常に大きい。

寿命はスアードが5000年前からいることを考えると5000を超えている。

ベラロイド星人のロボットは作られたものの味方になるよう仕込まれている。

国家体制は「都市国家」。

地球人から宝石「シリウスのしずく」と言われているが、実態は四次元投影法により小さくなった惑星。

5000年前、プロメテ恒星系に属していた惑星だったが、他の惑星と衝突することを知り四次元投影法で惑星を縮小し地球に来た。

最終目標は地球を縮小しベラロイド星をもとの大きさに戻すこと。

四次空間のひずみのため表面には隕石のような大群が来る。

シーラ

ベラロイド星人の女王だが、実態はロボット。

強力なサイコキネシスにより物体を動かすことや、ゾロモンを作ることができる。

アトムがロボットと見切り話しかけてきたが、下等と見下しアトムを追い払おうとした。しかし、エネルギーを供給する管が壊されて停止。

アトムはスアードにシーラを三日の間、人質にすると伝えた。

コピーシーラがスアードたちを騙していたがスアードと部下たちが不信に思い部屋を調べると本物が見つかり本物のシーラとコピーを戦わせた。

コピーがアトムをサイコキネシスで体当たりさせて本物は壊れた。

コピーシーラ

アトムと4人の地球人科学者たちによって作られた地球よりのシーラ。本物同様強力なサイコキネシスを使う。

スアードを騙してお茶の水博士を甦らせた。

不信に思ったスアードと部下たちは部屋を調べて本物を見つけて本物とコピーを戦わせた。

アトムはコピーにスアードと本物のシーラに当てるよう命令し2人に当てて死亡させた。

コピーはゾロモンを動かしてまず、ベラロイド星を地球の安全な場所におろして地球人を帰しゾロモンによってベラロイド星は運ばれた。

スアード

大僧正。5000年前からベラロイド星人を導いた人物。

アトムが本物のシーラを人質にしたことでベラロイド星の真実を話した。アトムが三日だけ時間がほしいと言われてシーラを預けた。

しかし、コピーができてコピーの命令でお茶の水博士を治していたが、不信に思い部下たちと共にアトムたちの部屋を調べて本物を見つけた。

本物にコピーと戦わせた。コピーのサイコキネシスで飛ばされたアトムにより体当たりされ地面に叩きつけられ死亡。

ゾロモン

シーラのサイコキネシスで動く生物。

巨体で、体の構造は土。ダメージはほとんど効かないが、太陽が来る、シーラの念力を失うと消滅する。

意思があり、シーラの命令を優先する。コピーシーラによってゾロモンはベラロイド星を他の惑星に持っていった。


-鉄腕アトム

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.