雨月奇譚

【雨月奇譚】正太郎とその他の人々

投稿日:

モデル

雨月物語「吉備津の釜」。原作通りに進んでいる他、独自のアレンジが付加されている。

人物

井沢正太郎

庄衛門の息子で井沢家跡取り。しかし、自堕落な生活を好み浮気癖が強い。

数カ月後に磯子と結婚するも浮気で袖美に移り庄衛門が怒り座敷牢へ閉じ込められる。磯子を言葉巧みに「愛している」と騙し袖美への金をもらい袖美とともに兄の彦一がいる京都へ逃亡。結果、磯子が病死し庄衛門から絶縁された。磯子の祟りで袖美が死亡、彦一の勧めで気を紛らわせるため店に行く。

袖美とよく似た遊女を見て寺へ連れて行かれるも磯子であり逃げる。

磯子の祟から身を護るため陰陽師から護符をもらい彦一の別荘で籠城。42日目に日差しがさしたと思ったら夜で磯子に連れて行かれた。

なお、原作と同じく正太郎はこんなことをした自分に対して反省していない人間のクズ。

井沢庄衛門

井沢家当主。まっとうな性格の持ち主。

しかし、跡取りの正太郎がどうしようもないクズであまりにの酷さに激怒して座敷牢へ閉じ込めるも反省せず磯子を死に至らしめたことで絶縁。

終盤で正太郎の居場所がわかり向かうも磯子を見て正太郎が死んだことを確信する。

刀を抜いて斬り主人公視点へと移る。

磯子

香田酒膳の娘。純粋で優しい。父親が釜の占い凶と判断されるも母親は結婚を優先させた。

しかし、正太郎は磯子に魅力がないと判断し袖美に移り、しまいには騙され逃亡。失意の末、病気をわずらい死亡。悪霊と成り袖美を呪い殺し

袖美

茶屋の芸者をしている遊女。正太郎を愛しておりついには兄のいる京都へ逃亡する。しかし、磯子の呪いを受けて死亡。

彦一

袖美の兄。磯良から守るため正太郎を別荘に入れて護符を張り巡らせた。しかし、失敗する。

原作との変更点

1.釜の占いが神社ではなく香田家。

2.釜が割れるのではなく、釜の中の水が沸騰しないに変更。

3.終盤にて庄衛門が彦一の別荘に登場する。

4.正太郎の血痕が壁ではなく雪の下。

PS版の変更点

1.正太郎と磯子が兄妹関係。


-雨月奇譚

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.