バハムートラグーン

【バハムートラグーン】国家

投稿日:

カーナ国

バハムートを守護竜としている国。特に王家は神竜と心を通わせるドラグナーの血統でこの力を狙われる。

軍事国家の側面を持ち男子は幼少の頃から軍隊の訓練を受けて兵士として配備される。そのため、自由がなくマハールの人々の自由さをうらやましく思っている。

思い出の教会と呼ばれる二人の男女が行けば結ばれる噂が存在するもそんなことなかったぜ。

神竜の伝説の情報を持っているが王家と信頼できる者しか知られていない。

キャンベル

通称「あおい大陸」と呼ばれる国家。カーナ王の妹「キャンベル女王」が支配している。

帝国軍との戦いでは女王の無条件降伏により女王が牢屋に入り戦争はなかった。

北方の森にて神竜ヴァリトラが眠っている。

マハール

通称「奇跡の大陸」、「水の都」と言われている国家。四季折々のラグーンで人々の心は穏やか。大きな湖が存在する。

虹を見たら願いが叶うレインボゥブリッジが存在する。

地底湖に神竜リヴァイアサンが眠っている。

ゴドランド

通称「魔法都市」と呼ばれる国家にして帝国に自治が認められている。高い魔法文化を持つ。

プチデビルに関してのことわざが存在したりプチデビルとの交流はあるものの「小さな死神」と言って嫌っている者も存在する。

1度帝国と戦ったがプリーストとウィザードが死んでしまい以来、戦争を避けている。

西の洞窟にて神竜ガルーダが眠っている。

ダフィラ

通称「自由都市」と呼ばれる国家。砂漠に覆われたラグーン。帝国に攻撃されていないが、国王に対する反乱軍が存在し国内は混乱している。

南の砂漠の果に存在する神殿にて神竜ユルムンガンドが眠っている。

グランベロス帝国

カーナ、キャンベル、マハールを制圧した帝国。皇帝はサウザー→グドルフ。

高層に位置しするが、農作物は育たず貧しい。しかし、住人は屈強な体をしている。主な産業は「傭兵業」であり帝国となる前から軍事産業が盛ん。

そのため、戦争の主役は「ベロス人」だったらしい。

旧ベロスがサウザーによって制圧され世界に覇権を握る。ドラゴン、大砲の他にアンデッドを兵士として運用している。

反乱軍により次々と反グランベロス国家が復活しサウザー死亡、グドルフが皇帝となるもグドルフが死亡。

位置

最上層:ベロス

上層:カーナ

中層:マハール、キャンベル、ダフィラ

下層:ゴドランド


-バハムートラグーン

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.