鉄腕アトム

【鉄腕アトム・宇宙人】地球人によく似た宇宙人

投稿日:

概要

登場:アトム大使

種族:宇宙人

体の構造、顔つきが地球に住む人々に似た宇宙人。お茶の水博士、天馬博士、玉男もいる。ただし、耳だけが地球人と比べて長い。3年前にもといた地球が爆発して第2の地球を探しているときに偶然に似た地球へ到着。

サーカスで起きた2人の玉男の騒動、お茶の水博士が日本艇を撮影したことで、正体が発覚。肉食が苦手で、生肉を見ると怖がる。ただし、トンカツを食べた宇宙人は拒否反応を示さなかったが、実態を見てはいていた。天馬博士が赤シャツ隊を率いて宇宙人と戦おうとした。しかし、アトムは火星と金星に住み戦うことをやめるよう提案して了承した。戦後、火星と金星へ半々に住むことにした。日本艇、アメリカ艇、フランス艇と移民船がある。

一覧

お茶の水博士

日本艇のリーダー。地球にいたお茶の水博士たちに自分たちが来た経緯を教えた。お茶の水博士との話合いでうまくいかなかったが、アメリカ艇が受け入れられたことで日本艇も受け入れられた。赤シャツ隊に対して抵抗するも通じず縮小された(同時に鼻も縮小された)。お茶の水博士に伝えようとした。話はできなかったが、事件に何かあることだけは伝わった。

天馬博士

細胞縮小液開発者。こっちの天馬博士はアトムを作らなかった。

地球人の天馬博士同様に病んでいる。地球人の天馬博士からアトムを知り、飛雄と似ていて引き取ることにしたが嫉妬した天馬博士と争うもアトムに止められた。2、3日後に細胞縮小液を理由に赤シャツ隊に捕らえられて地球人の天馬博士に液をつけられて縮んで行き、自らと同じ運命になると言って縮小。

宇宙人の天馬博士が言うにはアトムは地球人の天馬博士を愛していない。

ケン一

地球人のケン一の家に両親と共に住む。赤シャツ隊に両親が縮小されたことで、天馬博士を憎む。玉男夫妻と玉男や生き残っている仲間たちともに日本艇に逃げる。アトムとの会談で最初は断ろうとしたが、アトムが本気と知り受け入れた。戦後、生存している宇宙人と共に宇宙へ行く。

 

-鉄腕アトム

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.