鉄腕アトム

【鉄腕アトム・ロボット&科学者】青騎士とロッソ博士

投稿日:

共通

登場作品:青騎士

青騎士

種族:ロボット

人間に反逆する青い甲冑をまとったロボット。馬「アイアン」にまたがり空を飛ぶ。高威力を誇る槍、青騎士型ロボット以外が触ると痺れる剣を使う。

能力

50万馬力を誇る白騎士を圧倒していたから50万馬力よりも大きいだろう。

アトムは青騎士を自身よりもエネルギーが多いと見ている。アトムを天馬博士以外が修復できな状態までにした。

経歴

本名はブルー・ボン。ロッス博士に作られたロボットで、妹マリアと弟トントがブルグ伯爵に破壊されたことを憎み、ブルグ伯爵と人間を憎悪する。人間の味方するロボットも憎悪をし「人間の奴隷」と言っている。ブルグ伯爵の城を破壊した。が、ロッス博士はトントとマリアの顔を捨てるのを惜しみブルー・ボンの体を改造しトントやマリアにもなれる体にした。後にこれを知ったブルー・ボンはロッス博士と別れ青騎士となる。

特殊皮膚合成

特殊合成皮膚をしており、ボタンを押せば体が縮まり、延ばすこともできる。トント、マリア、ブルー・ボンの顔に変えることも可能だが、これはボタンではなく自ら変えることができる。

活躍

南ア連邦のダイヤモンド採掘場を襲撃し採掘場を荒らし20人殺害、ニューデリーのロボット分解工場で分解工場を守るSS18号を破壊し分解工場を破壊。

他31か所を荒らしまわる。正体を隠すため、家を借りて、お茶の水小学校へトントとして入学する。

しかし、性格が素で出るためロボットをバカにする四部垣を殴った。アトムをスカウトするためアトムの家に向かうが、断られアトムは青騎士が逃げれば今以上に人間が多く死ぬと考え破壊しようとしたが抵抗され、青騎士の周りをマッハ10で駆け巡り衝撃波を作り青騎士の甲冑にひびをつけて、逃げて滝の中に隠れて行方をくらました。四部垣を殴ったことが災いし、お茶の水博士とヒゲオヤジが訪ねてきた。その時はマリアとなり2人に接した。フランス南部で白騎士と戦い圧勝。

が、兜のひびが広がり顔を隠すため急きょ海へ潜る。テレビを見て駆けつけたアトムが青騎士を追いトントの顔を見た。トントと問い詰められるもしらをきりアトムに戦いを挑む。が、ブルグ伯爵の潜水艦が来て撤退。

2度目の戦いで残した青騎士型ロボットしか握れない剣が原因で青騎士型ロボットと言う差別が誕生する。日本で青騎士型ロボットの差別が増大し日本アルプスで青騎士型ロボットと青騎士に同調したロボットたちでロボットの国家「ロボタニア」を建設。陸上自衛隊を率いたブルグ伯爵と戦い、多くの犠牲者をだし怨敵ブルグ伯爵を捕らえて勝利した。青騎士は生存している人間の兵士を処刑しようとしたが、アトムは処刑に反対して戦う。

ロッソ博士がアトムに通信で青騎士の弱点「甲冑のボルトを破壊する」ことを聞きボルト部分を破壊する。監禁されたお茶の水博士がロッソ博士に解放されロッソ博士が青騎士の過去を話そうとしてロッソ博士を殺そうとして槍を投げたが、アトムは止めに入りアトムを破壊してしまった。自身の秘密を教えるため甲冑を脱ぎ見せた。が、ブルグ伯爵が原始光線銃を握り破壊された。

後に「アトム最後」で青騎士の理想ともいえる世界「ロボットが人間を支配する世界」となっている。

アイアン

登場作品:青騎士

種族:ロボット

青騎士が乗る馬のロボット。空中浮遊可能で、足が火炎放射器、口から電気を吐く。


マリア

登場作品:青騎士

種族:ロボット

ブルー・ボンの妹。ブルグ伯爵に嫁いだが暴力を振るわれ逃げるも破壊された。

トント

登場作品:青騎士

種族:ロボット

ブルー・ボンとマリアの弟。嫁いだマリアの所へ向かう。マリアと共に脱走しようとしたが、ブルグ伯爵に壊された。

ロッソ博士

種族:人間

フランス人科学者。ブルー・ボン、マリア、トントの作り親。マリアをブルグ伯爵に嫁がせたが、トントとマリアが破壊されて激しく怒る。

しかし、ブルー・ボンが復讐心を燃やしブルグ拍車の城を破壊。

秘密裏でブルー・ボンをトントやマリアの顔にできる体にしたが、これにブルー・ボンが怒り別れるきっかけとなった。青騎士騒動を聞いて日本の科学省でお茶の水博士が監禁されているのを見て解放した。日本アルプスにて青騎士の過去を話す。

-鉄腕アトム

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.