ネット関係

【AA】クマーは国内外で扱いが違う

投稿日:

概要

クマーは日本と外国では扱いが違う。あっちではあんな認識とは酷い。

日本

元々は「くまうた」の白熊カオスをAAにしたもの。しかし、独り歩きして幅広く活動する。2004年に広まったとされる。アナログ放送が終わる前にあった「アナロ熊」。

荒巻スカルチノフとの合体AA「先生助けてっ!さっきまで元気だった荒巻が息をしてないの!!」。

バカにする時に使われる「ねぇねぇ、バカやっちゃってるけど今どんな気持ち?」」。

狂ったクマー「ウオーオォーアッヒャアウオホーオオオ・テンション上がってきた!!」。

餌に釣られた「そんな餌で俺様が釣られクマ――」。

海外4chan

「二足歩行の熊=Pedo Bear」とされる。ところがペドフェリアと語感が似ていることから「幼い女の子を守る熊」のはずが、明らかにただの変態にしか見えない。あんな、一般的なAAがどうしてこうなった……。

まあ、日本でもMTGの「覇者、ジョー・カディーン」が翻訳される前に2chで大阪弁で翻訳されてスケベにされたことがある。それと似たことか。

余談

本来のクマーは「ヽ( ・(ェ)・ )ノ」。


-ネット関係

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.