仮面ライダー

【仮面ライダー】自らの毒ガスで死ぬピラザウルス

投稿日:

概要

第16話「悪魔のレスラー ピラザウルス」、17話「リングの死闘 倒せ! ピラザウルス」に登場するショッカーの怪人。ドクター・マヤ制作。

ピラザウルスを捕まえて人間と改造させた。

能力

毒ガス「死の霧(白骨化させる白い霧)」を使って殺す。

欠点は二日しか寿命がなく、死の霧を使おうとしても死の霧に殺される弱さがある。

完成型はかなり強力な力を持っており、ライダーキックに似た「ウルトラキック」、ライダーパンチに似た「ウルトラパンチ」を使用する。

見どころ

間抜けな登場でありながら、汚名返上なほど活躍する強力な怪人となる姿はすごい。

何気にショッカーで初めて量産化された怪人で「間抜け」、「量産化」、「汚名返上」という特異な怪人である。

活躍

16話

話が始まりバスの運転手として登場。乗客20人ぐらい乗ったバスを使って死の霧で乗客を皆殺しにする。

同じ同乗したドクター・マヤはガスマスクをつけてみていたが、ピラザウルスは死の霧発生装置に耐え切れず死亡。

コンピュータにピラザウルスの毒に耐えうる人間「草加昇(プロレスラーで弟の清がいる)」を指定。

草加をさらおうとして、マヤはアフリカ象を殺せる猛毒を使って捕らえようとしたが20秒も耐えてショッカーの戦闘員は歯が立たなかった。

マヤは草加を捕獲して車に積んで逃走。

草加の記憶をすべて消しピラザウルスに改造。実験としてピラザウルスにロケット弾を当てて耐久の実験もしていた。

モトクロス場にいた2号を襲い戦う。格闘戦で終始圧倒し、2号に勝利。

サタンマスクとしてリングに立ちプロレスをしていた。が、きよしにサタンマスクがクサカであることを看破されて追ってきたが、2号と遭遇。

17話

2度目の対決では2号がピラザウルスの正体が気になり逃げた(17話の始まりは2度の戦いの途中から始まる)。

ディスコ場に行き客とバーテンを使って毒ガスの実験をする。

ショッカーからリングで日本の政治家が多く来るのでそれを狙って毒ガスで大勢殺す作戦に出ることにした。2号にサタンマスクの正体が草加であることを察していることを利用して怪人トレーナー・サイクロンジョーがサタンマスクに変装して戦うが、偽者と分かった2号は大急ぎでリングへと向かう。

挑戦者として2号はピラザウルスと戦い、死の霧が通じず2号とピラザウルスは「ライダーキック」と「ウルトラパンチ」で相討ちとなる。

ピラザウルスの改造コアだけ破壊され草加は記憶と人間の体を取り戻した。

なお、3度目の戦いの最中、ドクター・マヤはガスマスクをとられて死の霧で死亡する。

-仮面ライダー

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.