ケルト神話

【ケルト神話・神】マッハ

投稿日:

概要

マッハ(アイルランド語でヴァハ)とはケルト神話に登場する女神。赤を強調しており赤い髪、赤いドレスとマントで包んでいる。

赤い一本足の馬を引かせた戦場をかける。戦場を駆け巡ると戦士たちを狂気に導く。

魔法主体で戦う。そのため、フィル・ヴォルグ族とダーナ神族とのあいだにあった戦いで勝利に導いた。

ヌアザの妻で最期はヌアザともどもバロールに殺された。別名「赤いたてがみのマッハ」。

神格

馬、戦い、豊穣、主権。

家族

父:デルバイス

母:エルンワス

姉妹:モリガン、パズヴ

夫:ヌアザ

転生

マッハは転生ができてしかも記憶を引き継いでいる。

ネヴェズ族族長の妻、ミレ族王女、クルンヌッフの妻の妖精となる。


-ケルト神話

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.