ムーミン

【ムーミン】スナフキン

投稿日:

概要

世界を旅する冒険家。緑の帽子を被り緑の服を着ている。ムーミンの谷へ行きテントを張り寝ていた所をムーミンとスニフが来てここで知り合った(ムーミン谷の彗星)。ハーモニカを持っており演奏することは可能。知識は多くあり旅の経験もある。達観している部分があり時折、残酷なことを言ったりする。父親はヨクサル、母はミムラ。ミィとは異父姉弟の関係。

活躍

「ムーミン谷の彗星」

ムーミンとスニフに会いともに天文台ではなくガーネットを守るオオトカゲのいる洞窟へ向かいガーネットを取りに行った。

おさびし山へ登るさなか、竹馬で火を噴く山に登ったことを反す。そのあと、川を下ったりしたがスニフが地中に入りヘムルが助けた。険しい道をたどり展望台へつく。

「たのしいムーミン一家」

帽子からくる騒動について話し飛行おにのことも話す。ムーミンたちのニョロニョロの島の探検にも参加。

次の所へ旅立つ。

「ムーミンパパの思い出」

ヨクサルと再会する。

「ムーミン谷の夏祭り」

24人の子供たちと暮らしている。ミィと会い公園の管理人夫妻の態度が気に入らずニョロニョロの種を使いこらしめて逃走。

「ムーミン谷の仲間たち」

ムーミンとひさしぶりに会うため歩いていたら名無しのはい虫と会う。りゅうの子供になつかれ帽子にりゅうの子供を入れる。

悲嘆にくれるスニフを立ち直すためおばさんの話しをした。

「ムーミン谷の十一月」

五色の音色を求めてムーミン一家へ会おうとした。留守であったが一人除く同じくムーミン一家へ会いに来た者たちとともに過ごす。

-ムーミン

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.