日本史 歴史

【日本史】「鳴かぬなら~~ホトトギス」って何?

投稿日:

解説

「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」(by織田信長)

「鳴かぬなら鳴かせて見せようホトトギス」(by豊臣秀吉)

「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」(by徳川家康)

これは、歴史上の出来事や人物を主題とした詩「詠史句」。平戸藩主・松浦清の「甲子夜話にある3つの句。

で、ホトトギスは何だ? 気になって調べた。

ホトトギスは全長28cmでハトより小さい。5月頃にインドから日本に来る鳥だ。

漢字で書くと杜鵑、時鳥、子規、不如帰、杜宇、蜀魂、田鵑と結構ある。そして、3つの句は本来こう書かれている。

「なかぬなら殺してしまへ時鳥 織田右府」(織田右府は織田信長)

「鳴かずともなかして見せふ杜鵑 豊太閤」(豊太閤とは豊臣秀吉)

「なかぬなら鳴まで待よ郭公 大權現様」 (大權現様は徳川家康)

とかかれており、「時鳥、杜鵑はホトトギス」。

「郭公はカッコウ」と読むが、昔はホトトギスと読んでいた。

漢字が違ったりといろいろと時代を感じる所が多い。これが、昔か。

-日本史, 歴史

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.