未分類

【物語の構成】ロボット工学三原則

投稿日:

条文

第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。

第二条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。

第三条 ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。

概要

これは、SF小説家アイザック・アシモフが考えた設定。後の小説にも使われる設定である。

なぜ?

昔のSF小説はロボットを作ると破滅に進むためそれを防ぐために作ったもの。

実はアシモフがあえて、欠陥の設定にしたものでこれを人間やロボットがこれをどう乗り越えるのかを目的としている。

いわば、人間とロボットの共存による舞台設定。

追加

この設定は現実世界にも影響を及ぼしておりロボットを作る際の考えとなっている。また、アシモフはもう1つ追加している

第零条 ロボットは人類に対して危害を加えてはならない。またその危機を看過してはならない。

余談

なお、三原則を奴隷の原則と見ている人もいる。無理もない私も最初はそう思った。

すべてをあらわしたもの

第零条 ロボットは人類に対して危害を加えてはならない。またその危機を看過してはならない。

第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。

第二条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。

第三条 ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。

-未分類

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.