源氏物語

【源氏物語・人物】肥後の関係者

投稿日:

太宰少弐

登場:玉鬘

筑紫にいる玉鬘の育て親。3人の息子たちの父親。遺言で「供養など考えず玉鬘を都へ連れて行け」と遺す。

大夫監

登場:玉鬘

肥後の豪族。美女好きで玉鬘を自らの物にしようとした。玉鬘の育て親の息子二人の師事を得て玉鬘の求婚をここみた。

次男、三男

登場:玉鬘

太宰少弐の息子たち。大夫監の味方をする。

豊後介

登場:玉鬘

太宰少弐の長男で玉鬘の味方。玉鬘を京都へ船で行き夕顔を探そうとした。源氏に見込まれて六条院の家司となる。


-源氏物語

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.