源氏物語

【源氏物語・人物】頭中将

投稿日:

概要

登場:帚木、夕顔、末摘花、紅葉賀、花宴、葵、須磨、絵合、少女、初音、蛍、常夏、行幸、藤袴、藤裏葉、若菜、柏木、横笛、鈴虫、夕霧、御法、幻頭

中将とは「源氏物語」に登場する人物。後に太政大臣となる。

左大臣と桐壺帝の妹である大宮の子供。同じ血筋を持つ葵の上とは兄弟の仲。そのため、光源氏の義兄とされる。

雨の日にて光源氏とともに女性談義をしようとしたが左馬頭、藤式部丞が傘下。中将「成りあがりや高貴な女よりも中の品がマシ」と持論を出すも笑われて結論として「理想の女を選ぶのは難しい」と出す。

左頭頭の話が終わると自身の妻のことを話し最初は嫌だったが長くつきあうと愛すようになったと語る。

光源氏と女遊びのよきライバル。よき兄貴分で須磨流しになった源氏を見に行ったりする。しかし、話が進むにつれて家族内で争いが起きたりする。

活躍

「絵合」では冷泉帝と斎宮の絵合を見て負けじと参戦して豪華な絵を持ってきた。

「蛍」でも夕顔の娘の捜索をしていたが、後にわかり喜ぶも源氏にあずけたことにした。

夕霧と雲居の雁の間に悩み引き離していたが、「藤裏葉」で折れて結婚させることにした。「若菜」で出家を決意する。これにより「到仕の大臣」と呼ばれる。

「柏木」で柏が死去し女三宮や落葉の宮、妻ととともに涙する。

「夕霧」で雲居の雁が夕霧に不当な扱いをされて怒って夕霧の所に行き喧嘩別れした。

家族

左大臣

父。大宮母。藤袴で死去。

玉鬘

夕顔の娘。

雲居の雁

登場:少女、常夏、野分、梅枝、藤裏葉、柏木、横笛、鈴虫、夕霧

娘。母は按察大納言の北の方。夕霧と恋をするも父や女房たちから許されず引き離された。

「梅枝」で夕霧があれだけ自分と文通を交わしていたのに心変わりしたことに怒りをあらわにしていた。

「藤裏葉」で父が折れて夕霧と結婚することになった。

「夕霧」で夕霧が落葉の宮とつきあっているのを知り怒り狂い子供を連れて実家に戻った。

柏木

登場:初音、胡蝶、常夏、篝火、野分、藤裏葉、若菜、柏木、横笛

長男。夕霧の親友。

「胡蝶」で玉鬘を恋してしまうが後に血のつながった親族と分かり「恥をかかされた」と怒る。

「藤裏葉」では頭中将が夕霧を呼びだすため遣わした。

「若菜」では女三宮を愛しており落葉の宮と結婚するも女三宮の方がよかった。女三宮と浮気をしてついには子も作る。だが、源氏に恋文がバレてしまい責めたてられ病に倒れ両親が実家に戻された。

「柏木」で病に勝てず死去する。

「横笛」で夕霧の夢の中で柏木が笛を伝えたい人は他にいると伝える。

「橋姫」にて遺文は弁が持っていた。

紅梅

登場:初音、常夏

3部:紅梅

次男。「紅梅」では按察大納言となり一族を支えている。大君、中の君、宮の御方をそれぞれに配置することにした(大君は麗景殿に参内、中の君は大夫の君を通して匂宮に渡そうとしている、宮の御方は消極的)。

弘徽殿女御

登場:常夏

長女。

近江の君

登場:常夏、篝火、行幸

近江出身の娘。頭中将が勝手に下民の女と作り死亡したら持って帰ってきた女性。しかし、公家としての育ちがよくなく早口で双六好きと悪い。

周りから離れて行き弘徽殿女御の尚侍となる。正直、いいように扱われている感じがする。


-源氏物語

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.