映画

【映画】月世界旅行

投稿日:

概要

月世界旅行とは1902年のフランス映画にして最初のSF映画。着色版が存在する。

複数のシーンでとられている、トリック撮影、物語は本日まで続く映画の基礎を作り上げた物として映画を語るうえで欠かせない。当時としては画期的なものだったらしい。

原作

原作は1901年の「月世界最初人間」。ただ、当時の人間の発想力はすごい。と言うか、ようこんなに考えたものだ。SFというよりファンタジーじゃないのかと思ってしまう。

内容

1.ロケット発射がおかしい。

2.ロケットを人力で持っていく。無理無理!

3.月に顔←SFだよね?

4.宇宙服が無い!

5.月で雪が降る! 爆発もする!

6.北斗七星、土星に顔、人が星の上にいる。

7.月の地下にはキノコが生えている。

8.月に原住民らしき種族登場!

9.月からの脱出方法が月の崖から落ちて地球に帰る。

と、今から見たらものすごい突っ込みどころ満載! というかこれ月なのかよ!!

まあ、当時は宇宙に関する知識があまりなかったからこういう発想があったからだろう。無知ゆえの発想か。


-映画

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.