シャーロック・ホームズ

【シャーロック・ホームズ人物】帰還の登場人物

投稿日:

Contents

空き家の事件

ロナルド・アデア卿

登場:「空き家の冒険」

モラン大佐に殺された青年。ホームズはイカサマを見抜いてそれをネタにしてモラン大佐を脅そうとして殺されたと見ている。

ノーウッドの建築業者

ジョナス・オルデイカー

登場:「ノーウッドの建築業者」

建築家。52歳、独身。ロウワ・ノーウッドにて火災で死亡した思われていたが何者かに殺された。

性格が悪く母親からは嫌われており死んでよかったと思われている。が、実は生きており偽装して隠れていた。ホームズに居場所がばれて二度目の火災で正体がばれた。理由は遊びをしかったから。

ジョン・ヘクター・マクファーレン

登場:「ノーウッドの建築業者」

グラハム・マクレファーン社専務。オルデイカー殺害の嫌疑にかけられホームズに無実証明するため依頼する。しかし、レストレードが来てホームズが30分で無実を証明すると言ってたものの逮捕された。しかし、オルデイカーが生きており絞首刑は免れた。

レキシントン婦人

登場:「ノーウッドの建築業者」メイド。マクファーレンが犯人である証拠の帽子を警察に提出した。しかし、それにはオルデイカーの指紋もあった。

踊る人形

ヒルトン・キュービット

登場:「踊る人形」

ノーフォークのライディング・ソープ邸に住む男。ノーフォークで最も古い家柄の血筋。ホームズに人形が写っている絵葉書を渡し解読を頼む。しかし、ホームズたちが駆けつける前に何者かに射殺された。実はキュービットがエルシーをうっかり射殺していまいスレニーにキュービットが射殺された。

エルシー・パトリック

登場:「踊る人形」

キュービットとラッセル街で会い後に結婚した女性。アメリカから来る手紙になぜか怯えていた。元はアメリカ人。

スレニーが暴れて夫は銃を持ってきてスレニーに発砲しようとしたがエルシーにあたり死亡。

サンダース

登場:「踊る人形」

メイド。夫妻死亡の第一発見者。

キング夫人

登場:「踊る人形」

コック。サンダースと共に第一発見者。

エイブ・スレニー

登場:「踊る人形」

アメリカ人。ジョイントのメンバーでかつてエルシーとつきあっていた。しかし、エルシーは自分たちのやっていることを気に入らず出て行きスレニーはイギリスに渡る。

ノーフォークで農家の家の地下一階を借りて住み踊る人形の手紙を少年に渡してエルシーへと渡る。エルシーと会うもエルシーがこれ以上、かかわりたくないとして金を渡そうとしたので怒った。

しかし、キュービットが銃を持ってきてエルシーを射殺してしまいスレニーはキュービットを射殺して逃走。ホームズたちに捕まり暗号が解かれないだろうと豪語したもののホームズに目の前で解かれて真実を話すことにした。

エルシーの父親

登場:「踊る人形」

踊る人形の暗号を作った張本人。メンバーしかわからないよう作ったが後にホームズが解く。

孤独な自転車乗り

バイオレット・スミス

登場:「孤独な自転車乗り」

サリー州境のファーナムに住む音楽教師。父ジェームズは旧帝国劇場のオーケストラ指揮者。

父死亡後、母とバイオレットは身寄りがなく困っていた。

叔父は死亡し、弁護士が叔父の遺言で来た二人に引きとられた。

バイオレットは生活してゆき結婚する。しかし、黒いよくわからない人物が自転車で追いかけているのを見た。カラザーズにさらわれてホームズたちに保護される。

ラルフ・スミス

登場:「孤独な自転車乗り」

叔父。25年前にアフリカに行きヨハネスブルグで赤貧を患い死亡。遺言で2人に親類を引き取るよう頼んだ。

ボブ・カラザーズ

登場:「孤独な自転車乗り」

ラルフの友人で遺言に従いバイオレットと母親を引き取りに来た。館を提供する。妻がいたものの亡くなっている。

バイオレットを守ろうとしていたが、ウッドレイの暴走を恐れていた。

ウッドレイが暴走しウッドレイと銃で決闘するもどちらも倒れた。ワトソンの応急措置で治り懲役は不明。ワトソンは数か月と見ている。

ウッドレイ

登場:「孤独な自転車乗り」

ラルフの友人。赤ひげ。性格が悪く汚い男としてバイオレットから嫌われている。しかも、バイオレットにつきまとう。

ホームズに何をしているのか質問して答えて殴ろうとするも回避されてボコボコにされ荷車で家へ戻された。バイオレットをさらい結婚しようとしたがカラザースに撃たれ倒れた。

ワトソンの応急措置で治り懲役10年を受ける。

シリル・モートン

登場:「孤独な自転車乗り」

電気技師。バイオレットの恋人で結婚する。

ディクソン夫人

登場:「孤独な自転車乗り」

家政婦。

ピーター

登場:「孤独な自転車乗り」

馬丁。バイオレットの馬車を運転する。何者かに襲撃され怪我をする。

ウィリアムスン

登場:「孤独な自転車乗り」

元聖職者。素行が悪かった。聖職ではない身でありながらウッドリーの悪行に手を貸した。しかも、本人は聖職者をもう1度やりたかった。逮捕され懲役7年を受ける。

プライオリスクール

ソニークロフト・ハクスタブル

登場:「プライオリスクール」

文学修士、博士にしてプライオリスクールの校長。フェラーズ文章事件で手がいっぱいとなりついに疲労困ぱいで倒れた。

これが初登場時の姿である。ホームズたちにロンドンを離れるわけがいかないとして断るもホールダネス公爵の息子が誘拐された事件を聞き協力する決意をする。

ホールダネス公爵

登場:「プライオリスクール」

第六代公爵。ガーター勲章士、枢機顧問官。約25万エーカーの土地を持つ。息子にサルタイア卿。1900年ハラムシャーの知事就任。

1888年にチャールズ・アプルドア卿の娘エディスと結婚。

1872年海軍大臣、主席国務大臣を務める。サルタイアが誘拐され警察に頼むも成果がでずホームズを呼ぶことにした。

実は誘拐犯張本人でワイルダーがもしかしたら暴走すると考えて誘拐した。ホームズに全てを突かれて自白した。

ジェームズ・ワイルダー

登場:「プライオリスクール」

ホールダネス公爵の秘書官。その正体は公爵の息子でサルタイアとは異母兄弟。ワイルダーはサルタイアに嫉妬していると見た公爵が誘拐に出た。

アーサー・サルタイア卿

登場:「プライオリスクール」ホールダネス公爵の息子。実は公爵に隠されヘイズ夫人に預けられ生活していた。

ハイデガー

登場:「プライオリスクール」

ドイツ人、プライオリスクールの教師。ヘイズに殺され、死体で発見された。

ルーベン・ヘイズ

登場:「プライオリスクール」

かつてホールダネス公爵の御者頭をつとめていた男。雑穀商の言葉を真に聞いた公爵がヘイズをクビにした。この一件で非常に公爵を恨んでいた。

息子が誘拐された時は喜んでいた。ホームズはドイツ人殺害で警察に通報した。

ブラック・ピーター

ピーター・キャリー

登場:「ブラック・ピーター」

船長。1845年生まれで50歳。アザラシ、クジラ漁で生計を立てていた。清教徒。家族構成は妻、12歳の娘。女の使用人が2人。酒癖が悪く暴力も絶えず妻や娘から逃げられる始末。

住民からも嫌われており「ブラック・ピーター」のあだ名で言われている。仕事でも暴力が絶えなかった。

1883年にダンディーの蒸気捕鯨船シー・ユニコーンを指揮していた。1884年に引退。ウッドマン・リーで土地を購入、六年間住み何者かに殺された。

ジョン・ホプレー・ネリガン

登場:「ブラック・ピーター」

コーンウェル旧家の半分を破滅させたドーソンとネリガンの内ネリガンの息子。やせた青年。ネリガンの有価証券を持つピーターの所に来て有価証券を探そうとしたがホプキンズに捕まった。

わけを話すもホプキンズは聞き入らなかったが、ホームズはとてもピーター殺害ができる体とは思えないと見た。

パトリック・ケアンズ

登場:「ブラック・ピーター」

26年間航海していた男。ダンディー生まれ。ピーター殺害犯。1883年にノルウェーで発見した宝の山わけをピーターと話し合っていたが殺しあいに発展して正当防衛で殺してしまった。

しかし、ピーターを嫌っていたので殺してよかったと受け止めている。ホームズの罠にかかり逮捕されてしまい自白した。

犯人は二人

ミルヴァートンは個別化しているのでそちらを参照。

エヴァ・ブラックウェル

登場:「犯人は二人」

ミルヴァートンの恐喝で困っていた結婚を控えている貴族の令嬢。ホームズに依頼し何とかするよう頼む。

破滅された女性

登場:「犯人は二人」

ミルヴァートンに破滅された女性。復讐のため自分を偽り銃を持ってミルヴァートンを射殺した。ホームズは彼女がやらなくてもどの道誰かがやっていたらしい。

六つのナポレオン

バーニコット博士

登場:「六つのナポレオン」

医者。大のナポレオン好きで本、絵画、記念品を持つ。2体のナポレオンの石像が何者かに盗まれ壊された。

ホレス・ハーカー

登場:「六つのナポレオン」

セントラルプレス通信社の社員。老人。4つめのナポレオンの石像を盗まれ破壊された。しかし、殺人事件が発生したためレストレードとホームズに伝える。

ケンジントンロードのモース・ハドソンの店店長

登場:「六つのナポレオン」

六つのナポレオンの像を作った老人。ベッポーのことを知っていた。

ピエトロ・ベヌッチ

登場:「六つのナポレオン」

ナポリ出身の殺し屋でマフィアの一員。組織の規律を破ったベッポーを殺しにかかったが返り討ちにあった。

ジョサイア・ブラウン

登場:「六つのナポレオン」

5つめのナポレオンを持っていた人物。ホームズがブラウンの持つナポレオンを利用して犯人を捕まえた。

ベッポー

登場:「六つのナポレオン」

イタリア人彫刻家。英語を話すことができる。ナポレオンの像を作ったと思われている。

窃盗で刑務所に入り、二度目は仲間を殺して入る。ブラウンの像で罠にかかり逮捕された。

サンフォード

登場:「六つのナポレオン」

六つめのナポレオンの像を持つ人物。ホームズに像の破壊を依頼。

三人の学生

ヒルトン・ソームズ

登場:「三人の学生」

聖ルカ大学寮個別指導教員兼講師。ギリシャ語担当。

バニスターが何者かに書類を触られて何者かがカンニングしたと考え、警察を呼ぶと問題が多く起きるためホームズに頼んだ。

バニスター

登場:「三人の学生」

ソームズの使用人。何者かに書類を触られてカニングされたと思いソームズとともの痕跡を探した。前にギルクリストの執事をしてギルクリストを知っていた。ギルクリストの手袋を見てソームズに知られると考え必死に隠した。

ホームズにこのことを指摘され自白した。

ギルクリスト

登場:「三人の学生」

疑惑がかけられている学生の一人。ラグビー、クリケット、ハードル、走り幅跳びをこなす。特にハードルと走り幅跳びは正選手。ただし、父親サー・ジェイべズ・ギルクリフは悪評が高く競馬で破滅し貧乏な暮らしをしている。

寮で一番下に住んでいる。最も背が高い。カニングをしていた犯人でうっかり自身の手袋を置いてしまった。

ホームズが解明してギルクリストはすでに反省しており受験をやめてローデシア警察職に入り南アフリカに行くことにした。自身を善良な人間にとどめたのバニスターと言ってバニスターを尊敬している。

ドーラット・ラス

登場:「三人の学生」

疑惑がかけられている三人の一人。インド人。成績優秀。ギリシャ語は苦手。三階の寮に住む。

マイルズ・マクラーレン

登場:「三人の学生」

疑惑がかけられている三人の一人。一番賢いがきまぐれ。一年の時にトランプの不祥事で退学になりかけたことがある。学期中、怠けているのが多い。

金縁の鼻眼鏡

コラム教授

登場:「金緑の鼻眼鏡」

ヨクスレー・オールド・プレイスに邸宅を持つい教授。老人。寝たっきりの状態で車いす生活を余儀なくされる。ヘビースモーカーで、タバコ好き。

正体はロシア人で本名は「セルギウス」。革命家だったが、強欲で多くの仲間たちを裏切り絞首刑にした。ホームズに犯人が知られてアンナに罪が告発された。

マーカー夫人

登場:「金緑の鼻眼鏡」

家政婦。

スーザン・タールトン

登場:「金緑の鼻眼鏡」

メイド。スミス死亡の第一発見者。

モーティマー

登場:「金緑の鼻眼鏡」

庭師。クリミア戦争に参加していた老人。

ウィロビー・スミス

登場:「金緑の鼻眼鏡」

コラムの三人目の秘書(最初と二人目は役立たずでクビになった)。少年時代はアピンガム、青年時代はケンブリッジに住んでいた。

大学卒ですぐさま秘書となる。午前は教授の言っていることの口述筆記、夜は次の日の仕事に関係したことを学習する。床に横たわり死亡したのが発見されている。死ぬ間際、メイドに「教授、あれは彼女でした」と遺した。

アンナ

登場:「金緑の鼻眼鏡」

コラムの妻でロシア人。20歳の時に50歳のコラムと結婚。コラムがかつて不正をして巨額の金を作っていたのを知っていた。

探偵のセルギウスによってコラムの悪行が記された書類の所在がわかり調べようとしたがスミスにとめられそうになり殺してしまった。

懺悔をするためホームズの前に現れて逮捕された。ホームズにことの全てを話し書類を渡すたが、毒を飲み自殺した。書類はホームズたちによりロシア大使館へ持っていかれた。

セルギウス

登場:「金緑の鼻眼鏡」

二人目の秘書。正体は探偵。アンナにコラムがしてきた悪行が記された書類の所在を調べていた。

スリークォーターの失踪

シリル・オーバートン

登場:「スリークォーターの失踪」

ケンブリッジ大学トリニティ寮の学生。ゴドフリーが失踪したためホームズに依頼する。補欠をしていたが今は監督。

しかし、大したことは無い。ゴドフリーなしでオックスフォードと戦い敗北。

ゴドフリー・ストーントン

登場:「スリークォーターの失踪」

右ウィングのスリークォーターの選手。オーバートンが実力を認めるほど強力な能力を持つ。両親はすで死んでいる。

オックスフォード大学の戦いに備えてホテルで泊まっていたが謎の失踪をとげる。実は結婚しておりアームストロングに安全な小屋を提供されて妻とともに生活する。しかし、妻が肺病を患い死亡して嘆き悲しむ。

マウント・ジェイムズ卿

登場:「スリークォーターの失踪」

ゴドフリーの叔父。約80歳の老人。相続人はゴドフリー。人間不信が強くホームズやオーバートンを信用していない。

レスリー・アームストロング博士

登場:「スリークォーターの失踪」

ヨーロッパにおいて複数の科学分野で名をはせる思想家。ホームズのしていることを批判して官僚機関で十分と考えている。

ホームズはモリアーティの後釜になってもいいととらえていえる。ゴドフリーの友人として知ったホームズが訪ねてきて事件と何ら関わりもないことを話す。本当にかかわっておりゴドフリーと妻を安全な場所に隠すため協力していた。

ホームズが居場所を把握してホームズがスキャンダル目的ではないと知り自身の観察力を嘆きホームズに感謝して事情を話した。ワトソンは博士の経歴を知らず医学界との接触はこれだけと知って後悔した。

ポーター

登場:「スリークォーターの失踪」

失踪前にホテルにいた男。ホームズに呼ばれて何が起きていたのか話す。

ポンペイ

登場:「スリークォーターの失踪」

ビーグルとフォックスハウンドの雑種のような茶と白斑の犬。

ケンブリッジ最高の猟犬。ホームズがゴドフリー発見のために使う。

ジョン

登場:「スリークォーターの失踪」

アームストロング博士の使用人。事件の真相を知っていた。

ゴドフリーの妻

登場:「スリークォーターの失踪」

本名不明。家主の娘で愛らし人物だったらしくゴドフリーと結婚した。

しかし、ジェイムズ卿が相続権の問題が発生するためアームストロングがゴドフリーと妻を安全な小屋に隠れさせた。しかし、肺病を患い病死する。

アビ屋敷

ユータス・ブラッケンストール卿

登場:「アビ屋敷」

ケント州で一番豊かな人間。アル中だったらしく妻から嫌われている。何者かに殺され得た。

ブラッケンストール夫人

登場:「アビ屋敷」

サウス・オーストラリア出身の女性。一年前に結婚した。イギリスの風習を嫌っており縛られ過ぎていると思った。本名は「メアリー・フレイザー」。

テレサ・ライト

登場:「アビ屋敷」

メイド。オーストラリアから18カ月も夫人の下にいた。

ランドール家

登場:「アビ屋敷」

父ランダル、二人の息子で構成される3人の盗賊。シデナムで強盗を働き人相が知られている。ホプキンズはランドール家と思っているがホームズは違うと考えた。ニューヨークで逮捕されホプキンズの考えは外れた。

ジャック・クロッカー

登場:「アビ屋敷」

船長。一等航海士でロック・オブ・ジブラルタル号にてメアリー・ブレイザーに会い好きになった。しかし、結婚したため見届けることにした。

が、テレサから全てを聞きブラッケンストール殺害に出て殺害した。テレサと相談して強盗がやったと見せかけてメアリーを縛りつけにさせた。

ホームズの捜査で名前が浮上して呼びだした。しかし、クロッカーのやっていることやブラッケンストールの悪行を考えれば同情酌量の余地がありよっぽどの余罪が無い限り無罪と見られた。

第二の汚点

首相、トレーニー・ホープ欧州担当大臣

登場:「第二の汚点」

イギリスの首相と大臣。機密文書が消えたことでホームズに依頼する。

オバースタイン、ラ・ロティエール、エドアルド・ルーカス

登場:「第二の汚点」

ホームズが確実に盗みそうだと考えた3人。しかし、ゴドルフィン街にいたルーカスは死んでいた。ルーカスはホームズの予想通り盗んでいたが、ホープ夫人の手紙と機密文書を盗んでおり取り返しに来たが断った。

しかし、妻と思われる女性に愛人と密会したと見られ殺害された。ルーカス死後、手紙はホープ夫人が回収した。

ヒルダ・トレローニー・ホープ夫人

登場:「第二の汚点」

ベルミニスター公爵の末娘でホープ大臣の妻。夫がホームズの所に行ったことを知ってたずねに来た。何か隠しているようで文書が世間で公開されると危険であることを知っていた。

実はルーカスに結婚前の手紙を盗られて脅されていた。

ルーカス死亡後、機密書類も盗られついに取り返した。ホームズの捜査で知られてしまい機密文書を返したが夫への手紙だけは難しいと拒みホームズに条件をつけて渡した。

-シャーロック・ホームズ

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.