シャーロック・ホームズ

【シャーロック・ホームズ人物】メアリー・モースタン

投稿日:

概要

登場:「四つの著名」、「ボヘミアの醜聞」「ボスコム谷の惨劇」

金持ちの令嬢。質素な服を着ているが、ワトソンは「あまり裕福そうに見えない」としている。

フォレスター夫人の家庭教師。父はインド連隊の大尉でメアリーをイギリスに戻した。母は病で死亡。

経歴

エジンバラにある寄宿学校に入り17歳まで暮らし、1878年に帰ってきて12カ月の休養を得る。1878年12月3日にランガムホテルにいた父は行方不明となった。

が、1882年5月4日にてタイムズに自身の所在を問い合わせる広告が載るも住所と名前が無く同日に巨大な真珠が入った小さなダンボールが届く。

しかも毎年必ず同じ日に来て6個持つ。現在、手紙が来てライシーアム劇場に一人で来るよう頼まれた。これを機会にホームズへ依頼する。

活躍

パーソロミュー死亡の事件を目の当たりにしてあまりのショックでホームズがワトソンに家へ帰らすよう付き添わせた。「四つの著名」終盤でワトソンと結婚する。

「ボヘミアの醜聞」では女使用人がまりにも不器用過ぎたためクビにした。

「ボスコム谷の惨劇」ではワトソンがホームズへ行こうとしたためいかした。これは顔色が良くない夫のための気遣いである。

-シャーロック・ホームズ

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.