シャーロック・ホームズ

【シャーロック・ホームズ人物】ホームズの家族

投稿日:

概要

祖先は田舎の郷土であったらしい。

祖母

登場:「ギリシャ語通訳」

フランスの芸術家ベルコンの血筋。ホームズはこの家系で変わり者が多いのはここから来ていると見ている。

マイクロフト・ホームズ

登場:「ギリシャ語通訳」、「空き家の冒険」、「ブルースパーティントン設計書」

ホームズの7歳上の兄。ホームズが自分より賢いと認めるほど。しかし、あまり活動的ではなく内気。

中央交換所の手形交換所職員(450ポンドの給料しかない下級職)を務めているが、他の部署で的確な助言をして外交、経済、軍事に影響を及ぼす。まさに、イギリスにとってなくてはならないほどの活躍を発揮する。

ロンドンで人間不信が多い人たちを集めたディオゲネスクラブを創設。4時50分~7時50分に来る。実際、賢くホームズが探した犯人をその場で当てるほど。

「ギリシャ語通訳」ではホームズの興味あり気な事件の種を持つメラスにあわせた。

「空き家の冒険」ではホームズが生きていたことを知っていた。戻ってきたホームズに元の部屋を与えた。

「ブルースパーティントン設計書」ではホームズに盗まれた最も重要な設計書3枚を奪還するよう頼んだ。

ハインリッヒ

登場:「最後の挨拶」

従兄弟。

-シャーロック・ホームズ

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.