ギリシャ神話

【ギリシャ神話】ヒュドラ

投稿日:

概要

ヒュドラとはギリシャ神話に登場するレルネーの沼地に住む怪物。外見は蛇で9つの頭を持つ。

デュポンとエキドナの子。育て親はヘラとされ対ヘラクレス用に育てたとされる。

能力

強力な毒と不死身。頭をいくら切っても2つの頭があらわれて頭が増えていく。

12の試練の中でヘラクレスが単身で討伐できなかったほど実力は高い。


活躍

最初のヘラクレスとの戦いでヘラクレスは毒対策をしてから挑みに行く。戦いの中、不死性に気づいて撤退した。

二回目はイオラーオスを連れてきてヘラクレスが切ったヒュドラの首に松明の炎で焦がし残った最後の首は岩で潰して完全に死なせた。

しかし、エウリュステウスは「ヒュドラ退治」は一人で退治していないとして入れなかった(「アウゲイアスの家畜小屋」も罪滅ぼしという理由で射れず)。これが後に2つの試練が来る。

補足

ヒュドラの毒はケイローンの不死返上、ヘラクレスの死に関わる。


-ギリシャ神話

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.