巨人の星

【巨人の星】伴宙太

投稿日:

概要

伴自動車工業の御曹司。飛雄馬の親友にして後にライバルとなる。青雲高校柔道部所属だったが、後に野球部へ入る。

性格は正直で真正面に生きるが、父親の威光でわがままだった。後に飛雄馬と会い軟化した。プライドが高く曲げることはない。ゴリラと言われることを嫌う。

柔道の実力は高く全国大会1位に入れたり、団体戦1位に導いたりする。そのため、「全校の英雄」と言われる。剣道段位持ち(何段か不明)で警察と顔を合わせたりしている。

作中の活躍

高校時代

父親の威光と自身の功績を使って野球部の応援団長としてしごいていた(野球部員からかなり嫌われている。自身の家に招待してスタミナ料理を無理矢理食べさせる)。このことで、野球部の父兄からどうこう言われている。しかも、柔道部から離れており柔道部員からも嫌われている。

これは、柔道でやることが全て終わり退屈していたから。飛雄馬が投げたボールを捕手がキャッチできずフェンスを直撃したため飛雄馬をここでただ者ではないと気づく。飛雄馬を従わせようとしたが、言うことを聞かず謝りもしなかった。しまいには父親の威光を使って従える伴を「空気デブ」と侮辱された。

父親を通して不合格になろうとした飛雄馬を対花形に利用できるとして合格させた。飛雄馬を英雄にしたてないために入学した飛雄馬をグランド50週、飛雄馬の剛速球の欠点を利用したたま拾いをさせた。しかし、それでも伴に屈しなかったのでうさぎ跳びでグランド一周をさせたものの飛雄馬は屈しなかった。

飛雄馬の提案でもう一周して伴は飛雄馬に屈して友と認めた。

野球部で野球をしてみて少しずつだが、技術がついてきた。飛雄馬のキャッチボールでなかなか取れず体で受け止めることが多く二日間を通して1球しか取れなかった。飛雄馬の家を訪ねて柔道部を退部して野球部に入ることにした。新入団員として入ったため他の部員に呼び捨てと言ってほしかった(飛雄馬以外は伴の悪態が災いして中々言えなかった)。

紅洋と青雲の戦いには補欠だったので参加できなかった。飛雄馬の提案で天野が伴と飛雄馬に交代させた。しかし、花形に伴は未経験の部分があると知られて弱点を突かれる。しかも、カッとして飛雄馬の足を引っ張る場面もある。

野球部を廃部に追い込まれそうになって責任を感じてあえてデッドボールを受けて功をなし同点となる。

紅白戦で飛雄馬がチームプレイになれていないことを知る。決勝にて敬遠作戦で飛雄馬が投げたボールが赤くなっているのを見た伴は気づくも飛雄馬の秘密にするよう頼まれた。

決勝で敗退し大造が野球部解散をしようとしたため本気で父親と縁を切ろうかと考える。しかし、大造への闇討ちが起きて飛雄馬が疑われ飛雄馬に問いただすも何も知らないと答えなかった。

牧場から牧場が真犯人であることを告白される。

実業家の道はあったが、飛雄馬がテストへ行こうとしたため実業家の道を捨てて野球への道に行く。これは、飛雄馬への謝罪がふくまれている。

プロ野球選手

巨人

テストを受けて無事合格。ハワイ遠征に行き左門、花形に並んで活躍する。活躍は目ぼしく縁の下の力持ちで止まり目立たない活躍が多く過小評価されている。大造からもこのことを指摘されている。しかし、飛雄馬の魔球作りに貢献している。日本に戻り飛雄馬の特訓につきあったりする。そこで、飛雄馬と元高校野球選手のスキーヤーの球の重さが違うと知り飛雄馬にこれを教える。飛雄馬が雲隠れしている中、飛雄馬と同室する。飛雄馬の魔球作りを手伝う。

練習で飛雄馬が大リーグボール一号を作り上げた。改良にも手伝ったりした。飛雄馬と明子の引越を手伝ったり、練習につきあうことが多くなった。宮崎で橘ルミに惚れていた飛雄馬に向かってボールを投げたが、飛雄馬は取れず左足を怪我していた少女にあたってしまった。責任を感じて美奈と飛雄馬と共に沖診療所へ向かう。美奈が死去して悲しみに明け暮れる飛雄馬に伴は一徹とオズマが中日に入った新聞を渡す。飛雄馬が再起したのを喜ぶ。

大リーグボール2号の作成にも手伝う。ただし、目に包帯を巻くほどの傷を負う。後に回復する。伴のトレードが発表された際、人ごととして何も動じない飛雄馬と喧嘩し練習でも飛雄馬と喧嘩する。消える魔球の秘密を守ろうとしたが、それでも飛雄馬に敵と見られた。最初は魔球の弱点を知られるとして伴のトレードは無しだったが、巨人には投手が不足していると見て一徹が優秀な投手と伴を引き換えにトレードする案をだしトレードが決まる。明子と再会し明子に今の状況を伴が話すも、明子は道を踏み外させたくない一心で聞き入れてもらえなかった。

伴は明子に告白するも拒否された(あまりのショックでガラスコップを握りつぶす)。

これにより、中日へ行くのを決めた。引越時、飛雄馬が手伝いに来た(伴は邪険しなかった)。車に乗った伴、宿舎にいた飛雄馬は涙を流していた。

中日

江藤の背番号「8」を受け継ぐ。最初は魔球の秘密を言わんとしたが、一徹が消える魔球を披露したため屈服。消える魔球を打つためサッカーボールを打つ。

最初の巨人戦では、いい活躍できなかった。

次の巨人戦で飛雄馬の大リーグボール1号を打ったりした(ただし、ファウル)。一徹のミスで2号を打ったもののアウトになった(一徹から謝罪が来る)。

飛雄馬の部屋の前で待ちかまえて伴から借りとして一徹によって鍛えれた素振りと明子がどこにいるか考察した。一徹とは師でもありどこか父と言う印象もある。

飛雄馬との最後の戦いで半病人状態で大リーグボール3号を打ったものの一塁に走れる気力がなくアウトとなった。

-巨人の星

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.