あしたのジョー

【あしたのジョー】どさまわりボクシング

投稿日:

概要

稲荷神社の境内を中心にボクシングを開く集団。かつて名をとどろかせたボクサーがいる。ジョーとホセ戦で観客として登場。

河野

どさボクシングを仕切るメガネの中年。かなり不幸な目に合っており客に叩かれたり、ジョーに振り回されたり、思うように八百長ができないと散々なめにあっている。

稲葉粂太郎(いなばくめたろう)

5、6年前、日本のタイトルに挑戦した大選手だったが、今はどさまわりボクシングに身を置いている。どさまわりの中で最強を誇る。

ジョーとの最初の戦いで雨が降り雨天中止となる。カルロスとのTV中継を見ていたが、興味が無く麻雀をしていた。

二度目の戦いでは誰もジョーに戦える相手がいないため、稲葉が選ばれて戦うことになった。

ジョーがカーロスとの戦いに渇望していえるのを見て殴っていくも通じず殴られた。

ジョーを東京に帰るよう言ったら帰ってしまい試合中に逃げたため客が怒るも「一人の人間が新しく門出に立った」として全員に祝えと言って収集した。ジョーのことを理解しておりジョーからも一目おかれた実力者。


-あしたのジョー

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.