あしたのジョー

【あしたのジョー】金竜飛

投稿日:

概要

韓国出身の朝鮮人で東洋バンタム級チャンピオン。コンピュータのように精密な戦い方をする。全く燃えていない姿から「氷の男」と言われる。「舞々(チョムチョム)」」という相手をロープに追いやり殴りまくる技術を持つ。

経歴

両親は竜飛が5歳の時に朝鮮戦争で死亡。

母は爆撃で死亡、父・青蓮は襲ってきたと勘違いした竜飛に石で殺される。厳しい生活環境で育っため胃が小さく食事をあまり受け付けない。

ゆえに減量を必要とせず減量をするジョーを「満腹ボクサー」と見下している。

欠点

血にトラウマを持っており手に血はついていないのについていると思いなん時間も洗う。しかし、血を見ると異常に怖がる。これは父親を殺してしまったことに起因する。


活躍

アジア拳闘にて公開スパーリングの相手を次々とKOさせた。試合でランクが上のライト級の剣持と戦い体格差をモノせず勝利。

ジョーとの戦いの前でたまたまレストランに来てジョーが食事をしているのを見て自身はレモンティーだけ頼み、ジョーになぜ竜飛が減量を必要としないわけと過去を話した。

ジョーとの戦いで的確な攻撃、回避をするも何度も立ち上がるジョーに恐怖する。

舞々をしかけるもジョーはそれでも立ち上がりジョーに屈してしまい敗北。ジョーは竜飛を「力石より劣る」としていた。

金青蓮

玄の部下にして竜飛の父。家族のためにわずかな食糧を持ってきたところ、5歳の竜飛と再会するが、竜飛がやせ細った父の姿を見て父と分からず殺された。

この父と子の再会があまりにもむごすぎたため玄は「地獄以下」と言うほど。

玄曹達

韓国出身の朝鮮人で、金竜飛のセコンド。

元軍人で朝鮮戦争では大佐として活躍。自らの父親・青蓮を殺した竜飛を保護し育てた。

部下思いの人物で青蓮の性格を知っており殺されたことを激しく怒っていた。

竜飛が血を見て動揺するのを周りに説明したりと苦労が絶えない。竜飛から「玄大佐」と言われている。

-あしたのジョー

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.