あしたのジョー

【あしたのジョー】日本ボクシングコミッショナー上層部

投稿日:

概要

日本ボクシング業界を取り仕切る会長たち。ある意味でジョーとは別の意味においての敵。

大高

アジア拳の会長。詳しくは個別記事を参照。

音羽クラブの会長

白髪の男で上層部のなかでリーダー格を担う。

ジョーが金串、力石を亡き者にしたことを危険視し会議でジョー抹殺を提案した。会議の結果、タイガー尾崎を当てることにした。

大友大洋

ジムの会長。

西日本ジム「天王寺」の会長

大阪弁で喋る。

ぼく東拳の会長

打倒ジョーのためジョーを自らのジムに誘いランキング入りしていない選手と戦わせてタイガーに観察させた。

が、ジョーはこれを気に入らず途中でキックをしたため若手たちが怒り追いだした。南郷とカーロスの戦いに最初は了承していたが、後にカーロスの戦績を知り南郷を殺しかねないとして葉子へ抗議するも聞く耳が無かった。

戦いで南郷にカーロスへ気をつけるよう念押し、ラストまではよかったがラスト・ゴングであっけなく倒された南郷を見て呆然とした。

富士拳の会長、梅本拳の会長

上層部のメンバー。


-あしたのジョー

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.