あしたのジョー

【あしたのジョー】ウルフ金串

投稿日:

概要

アジア拳所属で元バンダム級関東代表。

力石と並んで見どころのある選手と言われるほど。大高も自信を持っており気に入っていた。

活躍

ジョーとの戦い

新人王決定戦でジョーにわざとこかされたことを恨み試合終了後、ジョーにサインをしたがジョーに酷評されたことを怒り殴りかかるもクロスカウンターを受けて両者ノックアウト。

これが原因でジョーに対してトラウマを持ちジョーのクロスカウンターを「アリ地獄」と思い、ジョーを見ると殴りたくなる。

大高がジョー対策を考案して練習する。侵入したジョーの友人である子供たちを殴り返した(しかし、これが仇となり段平が金串のパンチの癖を調べた)。

試合で対策をしていたかいがありジョーと互角の戦いを繰り広げるもトリプルクロスカウンターを受けて敗北。しかし、あごが複雑骨折して引退した。

引退後

ヤクザの用心棒となり伝法組と敵対する組織に所属する。過去の栄光にすがり自分の話しか認めず力石やジョーの話が出るのを嫌がる。

ゴロマキ権藤との殴り合いで顎を破壊され苦しみジョーが止めにかかり手下に病院へ連れて行かれた。

ジョーとホセ戦で観客として登場。


-あしたのジョー

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.