トランスフォーマー

【トランスフォーマー】クモの巣惑星

投稿日:

概要

トランスフォーマー2010にある「クモの巣惑星」。

医療惑星トーキュロンが舞台。なぜ、医療惑星が舞台なのか?

それは、「部下たちがガルバトロンに嫌気を刺して困っていたサイクロナスにクインテッサ星人がガルバトロンを治す方法を知る」。そこで、医療惑星トーキュロン。

トランスフォーマー史上カオス

しかもトーキュロンは治すと言っても精神病で2010の中で最もカオスな回と言われる。どんな患者がいる?

1.緑色の老人がよくわからないことを言っている。

2.ママーとしか言っていないジャバ・ザ・ハッドのような体型をしたオレンジの生物。

3.「オイラ頭無い」を連呼している3つ首の生物。

など

職員も登場し的確な診断を行う。診断するには契約書を書かなければいけない(サイクロナスは破ったが)。

治療方法

組立(ガルバトロンはレーザーガンを作って暴走)

人との触れ合い(またもや暴走)。

職員は困って最後にアリアを使うことにした。

結末

実は惑星トーキュロンが生き物でアリアとはトーキュロンの細胞の1部で虫の形をした生物。アリアが患者にトーキュロンにアクセスさせ脳改造させただのロボットにする。いわばロボトミーである。

サイクロナスは止めようとしたが止められなかった(ガルバトロンはものすごい命乞いをしていたが)。アリアがガルバトロンにトーキュロンとつないだ。

が、トーキュロンがガルバトロンの狂気に耐え切れず爆発していく。ガルバトロンは爆発を止めるためにトーキュロンを止めた。

しかし、ガルバトロンはトーキュロンの表層を破壊し始めて何百年も再生がかかるほど破壊するもあきなかった。

サイクロナスがガルバトロンに破壊をやめさせて惑星ジャールへ帰らせた。正直、リアル精神病院の治療でホラー色が強かった。


-トランスフォーマー

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.